ストーブ・ファンヒーター・ポリタンクの灯油の方法【まとめ】

一人暮らしの場合エアコンという方も多いですが、
あれ?これどう荷造りするの?と生活家電の中で意外に迷うのが、
ストーブやファンヒーターなど灯油・石油を使う暖房器具です。

ストーブ・ファンヒーターの引越し

単身パックでも運ぶことは可能

ただし裸のままのではなく、しっかりとダンボールに入れる必要があります。
単身用の引越しの場合、上積みもしくは荷物の上に積み上げて入れることが多いので、
裸のままではバランスが悪く荷積みが困難になってしまうからです。

購入した時についていたダンボールが望ましいですが、
無い場合はエアクッションなどに巻いて、業者のダンボールにいれこみます。

灯油や石油が入ったままの引越しは絶対ダメ!

大抵の場合、灯油や石油は残ったまま冬を過ぎてしまったり、
使用中で空の状態というのは珍しいです。
面倒なのでそのまま運ぶ~ということは絶対危険です!
輸送中の振動で漏れて他の家財が汚れるだけでなく、火災の危険もあります。

また引越し業者は灯油や石油が残っている暖房器具は運んでくれません。
またポリタンクに入った灯油も運んでくれないところが多いです。
基本灯油が残っていると危険物品になるため、
もしも灯油が原因で家財に影響があっても、補償の対象外になります。
荷造りをする前に必ずカラにするのが一番です。

灯油や石油をカラにするには?

既に暖房器具のタンクに入っているものは中身が空になるまで使いきります。
その後説明書に従い、タンクを取り外して空焚きをすることで、
綺麗になります。

ポリタンクに入った保存用灯油は使い切ることを目標にして、
計画的に買いましょう。
ただ暖房器具を使わない季節は費用はかかってしまいますが灯油販売店や、
無料でガソリンスタンドなどで処分をお願いすることが可能です。

荷造りをする前に

灯油を使い切ったら、給油口やその他汚れを綺麗に拭き取ります。
そして給油口にキッチンペーパーや新聞紙などを詰めておきます。
着火用の電池がついている場合は、取り外します。

荷造りするときは

引越し業者にお願いする場合は、荷造りはやってもらった方が安全ですが、
自分で行う場合は、暖房器具をビニール袋で包み、
買った時の箱やダンボールに詰めましょう。
隙間はクッション材を使う必要はなく、新聞紙などで動かないようになればOKです。

ただ逆さや横にしたりするのは避けたいので、ダンボールに封をしたら、
上下の方向がわかる目印(天地無用のような)を付けておきます。

冬場は暖房代に大変お金がかかりますね。

しかし、風邪をひいても嫌だし寒いと動くことも面倒になるしと、省けない費用です。

そこで、使う暖房器具ごとの電気代比較をして、なるべく安く済ませましょう。

暖房器具のおすすめ

 

思い切って暖房器具を見直してみるのも

荷造り方法についてお話してきましたが、

引越しを気に暖房器具を買い替えるというのも一つの手です。

まずは、冬場に活躍する主要な暖房器具の種類をみておきましょう。

暖房器具の燃料器具の名前
電気エアコン、電気ストーブ、ハロゲンヒーター、コタツ、ホットカーペット
灯油石油ストーブ、石油ファンヒーター
ガスガスファンヒーター

やはり、比較的電気を使うものが多い気がしますね。

 

1時間当たりの電気代比較

使い方や使う部屋の広さなどにもよりますが、

一般的に1時間使用した時の電気代を比較してみましょう。

暖房器具の種類1時間使用した時の電気代
エアコン(6~7畳用)15円
電気ストーブ(1000Wタイプ)22円
ハロゲンヒーター(800Wタイプ)18円
コタツ(強) 4円
ホットカーペット(3畳/強) 15円

 

エアコンのメリット・デメリット

比較的よく使われるエアコンですが、

メリットデメリット
・安全
・部屋全体を暖める能力が高い
・冷房にも使用可能
・空気の乾燥
・機器代金が高額
・室外機を設置するスペースが必要

部屋全体を温めるので、部屋が広いと電気代がかさみがちですが、

1人暮らしのコンパクトなお部屋だとランニングコストはいいでしょう。

なお、エアコンを使用する際の節約方法はこちらを参照ください。

 

電気ストーブのメリット・デメリット

メリットデメリット
・速暖性が高い
・機器代金が安い
・換気不要
・消費電力が大きい

例えば、朝着替える時に寒いからちょっと使おうかとか、

お風呂場が寒いから脱ぎ着にちょっという使い方ならいいかもしれませんね。

 

ハロゲンヒーターのメリット・デメリット

メリットデメリット
・速暖性が高い
・機器代金が安い
・換気不要
・埃がたまると火事の可能性
・まぶしい
・消費電力が大きい

すぐに温まると言う意味ではいいのですが、ランニングコストは高めです。

 

コタツのメリット・デメリット

メリットデメリット
・速暖性
・部分暖房効果は高い
・温まれば効果長持ち
・部分的暖房効果しかない

電気代はそんなに使うものではないのですが、一旦入ると出たくなくなるというのもありますよね。

ただ、頭寒足熱という言葉があるように、

足が温まると身体全体も温まりやすいのでそういう意味ではいいかもしれません。

ただ、1人暮らしだと場所をとってしまいますね。

 

ホットカーペットのメリット・デメリット

メリットデメリット
・他の暖房器具と併用することで体感温度アップ
・安全性が高い
・暖房効果が及ぶ範囲が限定的
・電気代が高くつく場合がある

電気代を食うと言われがちな器具ですが、エアコンとさほ変わらないのですね。

ホットカーペットを使用する際の節約方法はこちらも参照ください。

 

ご自身の部屋の広さや、生活スタイル、

機器への初期投資も考えた上で暖房器具を買い替えてみるのも手です。

このページの先頭へ