調味料や油など液体物の引越し・荷造り【まとめ】

引越しの荷造りをしていると結構困るのが、
サラダ油や調味料といった液体物です。(さとうやお塩、片栗粉など粉ものにも注意が必要)
特に一人暮らしの場合、買ったは良いけど使い切れなてない・・・という調味料は結構あります。
どういった点に注意して運ぶべきでしょうか?

調味料や油の引越し

液体物は基本的には持っていかないほうが良い

捨てるのはもったいないなぁと感じてしまうものですが、
万が一漏れてしまうと、他の家財が汚れたりする原因になります。
未開封を除いて、使いかけのものは引越し荷物には含めず、
計画的に使い切るか捨てるかをしたほうが良いです。

特に単身パックなど単身用の引越しサービスを利用する場合は、
荷物スペースも限られているため、ぎりぎりまで詰め込むことが多々あります。
もし液体が漏れてしまうと、ほとんどの荷物が汚れてしまう・・・なんてこともあるので、
荷物に含めないほうがおすすめです。

家財が汚れてしまうかも

捨てる際はどうすれば?

調味料などはそのまま流しに捨てればOKです。
サラダ油やゴマ油などは、固めるテンプルなどで固め捨てるか、要らない牛乳パックのなかに、新聞紙やキッチンペーパーをつめ、
静かに流し込んで捨ててしまっても良いです。

荷造りをする場合の注意点

捨てるなんてもったいない!どうしても新居に持っていく!
と決めた場合は、いくつか注意したい点があります。

口から洩れないように

開封済みの調味料は注ぎ口から中身が漏れる心配があります。
キッチンペーパーと輪ゴムで口を覆うようにしばり、
万が一漏れても飛び散らないようにしましょう。

キッチンペーパー輪ゴムで縛る

箱にビニール袋をかぶせて

基本的に口をちゃんと梱包しておけば、
ダンボールから染み出てしまうほど漏れるのは稀ですが、
万が一に備えて、ダンボールの中にビニール袋を(ゴミ箱と同じ要領で)
かぶせてください。これで漏れてもビニールなので、ダンボールの外まで漏れません。

箱にはビニール袋をかける

隙間ができないような箱に

ダンボールの中身に隙間があると積荷や引越しの移動中に、
中で調味料が転倒する恐れ
があります。
ほとんどぴったり収まるような箱にするか、新聞紙で間を詰めて動かなくしましょう。

すき間ができないように詰める

冷蔵が必要なもの

お酢やみりん、油など常温保存で問題ない調味料はそのままで大丈夫です。
ただ、マヨネーズやケチャップ、醤油など要冷蔵のものは、
保冷剤を入れるか、クーラーボックスで移動するのが良いでしょう。

その日の移動で引越しが完了するなら、100円ショップに売っているような、
行楽グッズにある保冷バッグでも十分です。
ただし夏場に関しては、常温保存の調味料にも保冷剤をいれましょう。

さとうやお塩など粉もの調味料

片栗粉や強力粉など粉ものも散乱しやすい荷物だったりします。
適当に封をしたのでは漏れる可能があるので、
かならずひとつひとつビニール袋に入れてください。

液体洗剤や漂白剤

調味料の他に洗剤や重曹など生活用品も注意が必要です。
荷造りの要領は調味料と同じ。
当たり前ですが、調味料とは別々の箱にいれておきましょう。

ダンボールに目印をつけておく

調味料や洗剤を入れた箱には必ず目印をつけましょう。

積荷の際、なるべく上に重い荷物を積みたくないですし、ふとんや衣類など染み込むと大変な荷物からも離したほうが良いからです。
また横や逆さにもしたくないので、【天地無用】のような上下がわかるようにもしておきましょう。

目印をつけておくと新居に着いてからの荷だしにも便利です。
調味料類は直ぐに冷蔵庫や適切な保存場所に移した方が良いので、
直ぐに取り出しやすいと探すのに時間がかかりません。

このページの先頭へ