自分で荷造りするときの注意点は?【まとめ】

単身の引越しの場合、荷物量が少ないという方も多いと思います。
自分たちで引越しする人はもちろん、引越し業者に頼む人も荷造りを自分ですることで、
引越し費用を安く済ませることができます。

ただ荷造りをてきとうにやってしまうと、後々大変なことに・・・。
コツや注意点はどういったものがあるのでしょうか?

自分で運ぶ際の注意点はこちらを参照

自分で荷造りするなら

荷造りに必要な道具とは?

引越し業者に荷造り・運搬をお願いする場合は用意する必要がありませんが、
自分でおこなう場合は以下のものを用意しましょう。

  • ダンボール、ガムテープ、ビニールテープ
  • 内容をダンボールに記載するためのマジックペン
  • 中や外に詰め破損を防ぐためのエアパッキン(最低でも新聞紙)
  • 床や壁を傷つけないための養生マットやクッションマット
  • ビニール紐と輪ゴム
  • 刃物類などを巻くためのタオル
  • ドライバーなどの工具

またあると便利なものとして、

  • 運んでいる際に荷物のドアが開かないようにするための金具
  • 重い荷物や一度に運ぶための台車

があるとなお良いです。
特に台車はかなり重宝すること間違いなしなので、
レンタカー屋さんやレンタル業者に頼んで借りると良いでしょう。
有料でもその価値はあります。

大型家具や硬い荷物は床が傷つきやすいので注意

組み立て式ベッドや本棚・チェストなどは分解して持っていく方が良いものです。
ただ分解作業時に床を傷つけることが多いので、
養生マットやクッションマット、いらない敷布団などで必ず床を保護しましょう。
床の傷の有無だけで敷金の戻りが全然変わってきます。
硬い荷物を収納スペースから取り出すときも床を傷つけやすいので注意です。

壊れ物には必ずエアパッキンを

ガラステーブルやガラス扉のある家具には必ず破損防止のエアパッキンを厳重に巻きます。
もし破損したとしてもガラスが散乱しないための安全策にもなります。
新聞紙やダンボールで代用する人もいますが、ほとんど衝撃吸収の効果がないので、
かならずエアパッキンシートを使うことをおすすめします。

中途半端に使用した液体、粉類は捨てるのが無難

飲みかけのペットボトル、洗剤や柔軟剤、掃除用洗剤など、
中途半端に使用した液体・粉末類は運ばず廃棄したほうが得策です。
運搬や荷物を積む最中に中身が漏れ、他の家具を汚す危険があるからです。
レンタカーであれば車体を汚したことで弁償する場合もあります。

どうしても運びたい場合は、ふたや口の部分を要らないタオルで巻き、
ビニール紐や輪ゴムで縛りさらに新聞紙で全体を包み込みましょう。

1つの荷物が重くなり過ぎないよう注意!

大型家具や家電以外で注意したいのが、1つのダンボールに詰め込み過ぎないこと。
重くなりすぎて、後々運ぶのに苦労するからです。
ダンボールのそこが抜けてしまうなんてこともあります。

特に本や雑誌などの紙類、洋服(特にコート)など衣類は、
荷造りしやすいのでダンボールに詰めがちですが、
必ず小分けにして一度1人で持てるか確認しておきましょう。

業者に頼んだほうが安く済むことも

梱包資材の準備や自動車の手配など、自分たちでやる場合も費用はそれなりにかかります。
単身パックなどは荷造りも含めて定額料金のところもありますから、業者に頼んだほうが安い場合もあります。
一度見積もりをとってみて、ご自身の考えていた予算に見合っているか検討するのも一つの手です。
 

このページの先頭へ