引越しの際、そろえておいた方が良いものは?

単身の引越しといえど、スムーズな引越し、スムーズな生活の開始には
色々と準備したほうが良いものがあります。
困った事態にならないためにどのようなものを用意するべきでしょうか?

引越しで直ぐに必要なもの

梱包資材は業者に用意してもらった方がお得

荷造りをするために必要になるのが、ダンボール、ガムテープ、エアパッキン、
ビニール紐、クッション材、養生マットなどです。
ただこれらを自分で用意しようとすると、時間もかかりますし結構高くつくことが多いです。
引越し業者にお願いする場合は、有料になりますが用意してもらもらう手間も省けますし、
単価も安くなっているので断然お得です。

自分で引越しする場合は、近くのスーパーやホームセンターなどで
廃棄予定のダンボールがある場所もあるので、もらってきたり、
クッション材として新聞紙や広告、フリーペーパーをくしゃくしゃにするといった方法もあります。
ただ、単身パックなどでは大きさが一定のほうが詰め込みやすいので、
業者のダンボールを使用したほうが良いかもしれません。

引越し先の電球はチェックしておく!

意外に見落とすのが、新居の照明器具がどうなっているかを覚えておくことです。
照明器具がついていないで自分で用意しなければいけないところは結構多く、
用意してないと、その日真っ暗な部屋で何もできない羽目に・・・。

新居の下見の際にあらかじめ規格をチェックし用意しておく、
もしくは簡単なランプ照明などを買って、しばらく代用すると良いです。

なお女性の場合取り付けるのが大変!という場合があります。
その際は引越し業者によってオプションで取り付けサービスも行っていますので、
利用するのも一つの手です。

毎日使う生活用品は予めリストアップを

新居に引っ越してから直ぐに使いそうなものは予め準備または買っておきましょう。
以下のようなものは必ず準備しておくべきです。

  • トイレットペーパー
  • バスタオル
  • 歯磨き道具類
  • ドライヤー
  • 寝具
  • 携帯の充電器

自分の生活を振り返ってみて、『毎日必ず使っているなあ』と思う道具を、
ピックアップしてリストにしておくと良いです。

引越し先であったら便利なもの

調理済み食品

必需品ではないものの、あると良いのが調理済み食品です。
カップラーメンやレトルト食品、缶詰など温める、お湯ぐらいで
食べられるものを準備しておきましょう。

大概当日にキッチン周り、調理家電全てを荷ほどきが終わるのは稀ですし、
道具は新居で徐々にそろえるというケースも多いでしょう。
なのでしばらくはこうした簡単に食べられるもので対処します。

お店をあらかじめ頭にいれておく

またその土地の地図を確認できるものも便利です。
コンビニで売っている地図でも良いですし、最近ではスマホやPCで簡単に地図を検索できます。
確認しておくのはスーパーの位置です。
食品、生活用品が買うことのできるお店を事前にチェックしておきましょう。

簡単な救急用品

荷造りや荷ほどきなど引越しではケガをすることもあります。
その場合の対処として、消毒液、絆創膏、包帯といった、
簡単な処置ができる用品は準備しておくと便利です。

また引越しは結構体力を使うため体調を崩す人も結構います。
風邪薬もあるともしものときに安心です。

新居で使うものは、一緒にまとめて荷造りを

新居ですぐに必要になるものは、なるべくひとまとめにして
ダンボールに詰めると便利です。
『新居ですぐ使うもの』としてわかりやすい目印をつけておくことで、
引越し先で直ぐに取り出すことができます。

バラバラに荷造りしてしまうと、『どこにいったかわからない~!!』
なんてことになり、荷物を探すだけで疲れてしまいますし、
部屋が荷物で散乱することになりますので注意してください。

このページの先頭へ