引越しで貴重品の紛失を避けるために【方法まとめ】

引越し業者に頼む場合も、自分でおこなう場合も注意を払いたいのが貴重品です。
単身の引越しであっても荷物は結構ありますし、運んでいる時は何かとドタバタするので、紛失や破損などが起こりやすいからです。

貴重品の引越し

単身パックなどで運ぶのは基本的に無理

単身パックを含めた単身用の引越しサービスでは貴重品は自分たち自身で運ぶようお願いされるのが一般的です。
そこまで重い荷物ではないでしょうから、自分で運ぶ方が安全です。

引越し業者は基本保証はしてくれない

単身の引越しに限らず、貴重品や金銭的価値が大きいものに関して、ほとんどの業者では運ぶのを断られてしまいます。
これは貴重品類は保証外という契約があり、責任が取れないからです。

また一部運んでくれる業者も、事前に貴重品類の内容を知らせ別で運んでもらう必要があります。
別の荷物と一緒に知らない間に運ばせ、紛失・破損した場合は保証対象外になってしまいます。
また運んでもらう場合には別途運送保険に加入することが必須です。

自分で貴重品を運ぶ際の注意点

基本的には自分で責任を持って運ぶのが一般的ですし安全です。
貴重品として該当するものは主に、預金通帳、クレジットカード、印鑑登録された印鑑、宝石・金貨類、有価証券、
土地や不動産所有を証明する書類、車やバイクのキーなどです。

自分で運ぶ際はできるだけ一つにまとめて運ぶことをお勧めします。
バラバラに運ぶと紛失や探すのに手間になるからです。
周りの荷物とは違いがつくような箱にしたり、何か貴重品とわかるラベルやテープを貼りましょう。
こうしておくといざ運ぶ際、荷ほどきの際に直ぐに見つけることができます。

ただし直ぐに使う認印やキャッシュカード、クレジットカードはまた別に運びます。
引越しには何かと費用がかかりますし、認印が必要になることも多いです。
こうした頻繁に使いそうなものだけは、貴重品とは別にしておくと便利です。

自分で運べない場合は貴重品・美術品輸送サービスを

自分で運べる大きさや重さなら良いですが、骨董品や絵画、食器類、楽器などは
中々運ぶのは大変です。
この場合は引越し業者によって美術品・貴重品専門の輸送サービスを取り扱っていますので、
利用すると便利です。もちろん通帳や有価証券など軽い・小さい物もOKです。
物品の保証はありませんが、金銭を保証する保険がありますし、
専用のボックスにて高セキュリティの中輸送されるため安全度も高いです。

もしも紛失してしまったら

基本的に保証が無いため、泣き寝入りするしかありません。
クレジットカード、預金通帳、キャッシュカード類は不正利用される危険もあるので、
直ぐに担当会社に連絡し利用停止・再発行依頼をしましょう。

車やバイク、家の鍵などは不法侵入や盗難の危険があります。
ディーラーや不動産会社に連絡し鍵交換をしましょう。

手形や小切手など有価証券の紛失は、該当する金融機関に紛失届を提出、
警察に遺失届を提出し、遺失届受理証明書をもらいます。
振出人に手形・小切手の振出証明書を発行してもらい簡易裁判所に再発行をお願いします。

土地や不動産の権利証は再発行できません。
ただ売却や譲渡時は登記所に保証書の発行をお願いすればできるようになります。

このページの先頭へ