包丁・ナイフの刃物類、調理器具引越しの仕方まとめ

一人暮らしだと一般家庭よりは少ないと思いますが、
キッチンや食器棚には包丁やナイフ、お鍋、フライパン、まな板、お箸、ホットプレートなど
色々な調理器具があると思います。

包丁、ナイフの引越し

単身パックで運ぶのは問題なし!

料理器具類は比較的小型のものが多いですから、単身パックなど単身用引越しサービスの利用は問題ありません。
ただし、ガスコンロなどはガサバるため荷物量がオーバーしてしまう可能性もあります。
他の荷物がどのくらいあるかはしっかりと把握しましょう。

また調味料や油などは別途しっかりと梱包しておきましょう。
単身用引越しはスペースがギリギリに詰めるため、一度漏れると大変です。

しまって置いた場所から必ず出すこと

荷造りが面倒で、引き出しの中にしまったまま運ぶはおすすめできません。
運んでいるときに思わぬけがや、荷物自体の破損にもつながるからです。
かならず、適切な梱包をして運びましょう。

包丁やナイフなど刃物類は特に丁寧に

言うまでもなく危険度が高い荷物ですので、何かと一緒に~はダメです。
できれば小箱でも良いので、専用のダンボールを用意し、
危険品とわかるような目印を付けておきましょう。

またダンボールに詰める前に、刃の部分はダンボールを2つに折ってはさむ、
エアパッキンなどで何重にも巻き、ガムテープと輪ゴムでずれないようにします。
さらに上からキッチンペーパーやタオルを巻くと良いです。
刃の向きは必ずそろえてしまいましょう。

おろし金、栓抜き、コルク抜き、調理ばさみなど刃のある調理器具

意外に見落とすのが、上記のような刃のある調理器具です。
ケガをする危険は十分にありますので、
刃物類と同様、しっかりと梱包し専用のダンボールにいれましょう。

さい箸やしゃもじなど刃のない調理器具

こちらに関してはひとつひとつ丁寧にやる必要はありません。
ただ運ぶ際に散乱しやすいものなので、ひとまとめにビニール袋に入れる、
キッチンペーパーで包む、タオルをまくなどして、
バラバラにならないようにしておくと、あとで便利です。

またこれらは比較的、引越しした後に直ぐに使うものが多いので、
紙袋などわかりやすいものに詰める、ダンボールでも目印をつけておくと良いです。

ボウルやザル

プラスチック製、木製であれば壊れる心配が少ないので、省スペース化するために、
重ねてダンボールにしまいましょう。
ただし陶器類に関しては、新聞紙やキッチンペーパーなどで全体を包んでから、
荷造りします。重ねるのは問題ありません。

お鍋

通常のお鍋であれば、ふたと本体は別にして、本体は積み重ね省スペース化しましょう。
お鍋のふたも重ねて収納します。
ですが、壊れやすいお鍋については重ねてはいけません。

例えば、圧力鍋はちょっとしたキズやへこみで壊れてしまう可能性があります。
他の鍋と一緒に運ばず、別のダンボールを用意しましょう。
全体をエアパッキンで包み、ダンボールに詰めた後の隙間も、
新聞紙などで詰めて、圧力鍋が動かないようにします。

同様に、タジン鍋、ホーロー鍋、土鍋も壊れやすい鍋です。
圧力鍋と同じように梱包をしましょう。

ホットプレート、グリルプレートなど

専用のダンボールを用意し、ひとまとめにしたほうが後々便利です。
ですが、そのまま収納すると、傷ついたり、ガラスの蓋が割れる可能性もあるので、
1つ1つにエアパッキンで梱包をしてください。
ダンボールの隙間は新聞紙など詰め、動かないようにします。
電源コードは紐で縛って小さくまとめましょう。

引越し業者に頼んだほうが手間が省ける

こうした調理器具は食器棚やキッチン棚などに入っていることが多いと思います。
食器棚にも適切な荷造りがあり、かなり時間と手間がかかります。
なので、調理器具も含めて引越し業者に依頼してしまうのも手です。
業者にはこうした調理器具専用の梱包やダンボールがあり、
安全でスムーズですし、「キッチンパック」のようなお得なサービスを用意している業者もあり、
かなりお得に依頼することも可能です。

このページの先頭へ