ペット・水槽の引越し手続きの方法・費用【まとめ】

最近では1人暮らしでも犬や猫、観賞魚などペットを飼う人も増えてきました。
どのように引越しをすれば良いのでしょうか?

ペットの引越し

短距離、自家用車がある場合

この場合はシンプルに一緒に同乗して移動するのが、
手間も費用も一番安上がりです。
車にスペースが無いのであれば、ある程度荷物を引越し業者に預けて、
ペットが乗れるスペースを確保したほうが安く済むはずです。

長距離、自家用車が無い場合は専門業者に頼む

引越しの際、自家用車があり一緒に乗ることができれば問題ありませんが、
レンタカーを借りるとなるとペット同乗不可など探すのに苦労します。
また長距離の移動、日付をまたいでの移動となると、ペットホテルや排せつの問題など、
かなり大変です。この場合はペット輸送専門の業者に頼むのが一番安心で、簡単です。

通常の単身用引越しサービスで運ぶのは無理

単身パックだけでなく、通常のの引越しサービスで生き物を運ぶことはできません。
専門業者に頼むには別途オプション対応の引越し業者がほとんどです。
追加料金は当然かかりますので、単身パック+オプション費用のようなイメージになるでしょう。

依頼方法は?

引越し業者とは別にペット輸送専門業者に依頼するか、
引越し業者が提携しているペット輸送専門業者に頼む方法の2つです。
クロネコヤマトやアート引越しセンターなどはペット輸送業者と提携しており、
1回の引越し予約で荷物もペット輸送も手配できるので簡単です。

選べる輸送方法

ペットの輸送方法は大きく分けて3つに分かれます。
ペットにとって乗り物による移動は負担がかかるものです。
その負担が軽い移動手段ほど費用は高くなる傾向にあります。

直行便

旧宅から新宅まで専用の車(軽自動車が主)をチャーターし輸送してもらう方法です。
自分のペットのみなので、予定が合わせやすいのと、
余計な経路もなく、ストレスも少ないのでペットへの負担がかなり少ないです。
ただ、費用はその分高くなります。

航空便と直行便の併用

長距離移動の場合、直行便の間に飛行機による移動を取り入れる方法です。
旧宅から発空港、着空港~新宅というルートになります。
定期便などで予定は合わせやすいですが、
他の荷物の一緒に運ぶのと、移動による多少の温度や湿度の変化があるので、
ペットへの負担は直行便よりも大きいです。

トラックと直行便の併用

飛行機の代わりにトラック移動を取り入れる方法です。
直行便との違いは軽自動車でなく、トラックの荷台に他の荷物と一緒に運ぶ形になるので、
温度調整が無いので、一番負担のかかる移動手段です。
また新居に向かうトラックが出るまで予定を合わせるため、日程が調整しにくい点もあります。
ただし相場は一番安くなります。

ペットタクシー

専用のタクシーを一台チャーターして輸送する方法です。
動物への負担が一番少なく、予定も合わせやすいです。
ただ動物の大きさに制限があるのと、費用は一番高くなります。

輸送することが決まったら

ペットを輸送することが決まったら、事前に心得ておきたいのがエサの管理です。
しばらく離れるのでかわいそうになりおやつやご飯を与える人がいますが、これは良くありません。
車酔いをしたり、排泄をする可能性があり衛生面、体調面で良くないからです。

犬や猫の場合は、朝の引越しなら前日の夜まで、
昼以降の引越しなら、朝軽い食事にとどめましょう。
また輸送をお願いする前に、散歩やトイレを済ませておきます。

観賞魚などは糞をすることで水が汚れてしまいます。
2日前にはエサを与えるのをやめておきます。

ケージや環境調整の資材を整えてくれる

ケージを持っていない人も、レンタルをやっている業者が多いので大丈夫です。
また夏や冬は温度調整も重要になりますが、そのあたりも相談すると用意してくれます。
もし直ぐにペットを引き取れない場合も、提携しているペットホテルで預かってもらえるところもあるので、
こちらも相談しましょう。

値段はどのくらい?

気になるのはペットの引越しにかかる費用。
これは犬か猫かその他か、身体の大きさ、移動距離、輸送方法でかなり変わってきます。
相場としては2万~8万円といったところでしょう。

やはり生き物を扱うので費用は高めになります。
ただ、通常の引越しと一緒にお願いすることで多少値引きも可能ですので、
複数社の見積もりを引き合いに出しながら、うまく値引き交渉するのも手です。

このページの先頭へ