ストーブ・ファンヒーター・ポリタンクの灯油の方法【まとめ】

一人暮らしの場合エアコンという方も多いですが、
あれ?これどう荷造りするの?と生活家電の中で意外に迷うのが、
ストーブやファンヒーターなど灯油・石油を使う暖房器具です。

ストーブ・ファンヒーターの引越し

単身パックでも運ぶことは可能

ただし裸のままのではなく、しっかりとダンボールに入れる必要があります。
単身用の引越しの場合、上積みもしくは荷物の上に積み上げて入れることが多いので、
裸のままではバランスが悪く荷積みが困難になってしまうからです。

購入した時についていたダンボールが望ましいですが、
無い場合はエアクッションなどに巻いて、業者のダンボールにいれこみます。

灯油や石油が入ったままの引越しは絶対ダメ!

大抵の場合、灯油や石油は残ったまま冬を過ぎてしまったり、
使用中で空の状態というのは珍しいです。
面倒なのでそのまま運ぶ~ということは絶対危険です!
輸送中の振動で漏れて他の家財が汚れるだけでなく、火災の危険もあります。

また引越し業者は灯油や石油が残っている暖房器具は運んでくれません。
またポリタンクに入った灯油も運んでくれないところが多いです。
基本灯油が残っていると危険物品になるため、
もしも灯油が原因で家財に影響があっても、補償の対象外になります。
荷造りをする前に必ずカラにするのが一番です。

灯油や石油をカラにするには?

既に暖房器具のタンクに入っているものは中身が空になるまで使いきります。
その後説明書に従い、タンクを取り外して空焚きをすることで、
綺麗になります。

ポリタンクに入った保存用灯油は使い切ることを目標にして、
計画的に買いましょう。
ただ暖房器具を使わない季節は費用はかかってしまいますが灯油販売店や、
無料でガソリンスタンドなどで処分をお願いすることが可能です。

荷造りをする前に

灯油を使い切ったら、給油口やその他汚れを綺麗に拭き取ります。
そして給油口にキッチンペーパーや新聞紙などを詰めておきます。
着火用の電池がついている場合は、取り外します。

荷造りするときは

引越し業者にお願いする場合は、荷造りはやってもらった方が安全ですが、
自分で行う場合は、暖房器具をビニール袋で包み、
買った時の箱やダンボールに詰めましょう。
隙間はクッション材を使う必要はなく、新聞紙などで動かないようになればOKです。

ただ逆さや横にしたりするのは避けたいので、ダンボールに封をしたら、
上下の方向がわかる目印(天地無用のような)を付けておきます。

このページの先頭へ