引越しに伴う銀行・キャッシュ・クレジットカードの住所変更手続き

引越しの際、住所変更が必要なものに、銀行のキャッシュカードやクレジットカードがあります。

どのようにおこなえばよいのでしょうか。

キャッシュ・クレジットカードの手続き

 

銀行口座、キャッシュカードの場合

手続きの方法はおもに3つ

キャッシュカードの変更方法はインターネット、電話、窓口に赴くの3つがあります。

 

インターネット経由の場合

インターネットバンキングがある銀行で登録していること前提になります。

管理画面にログインして住所変更をするだけです。

但し銀行によっては住所変更のための書類請求しかできないところもあります。

 

電話による変更の場合

銀行のカスタマーサービスに連絡し住所変更をします。

基本的に住所変更に必要な書類請求のみ可能で、

後日届いた種類に必要書類を記入、

本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)のコピーを同封し返送します。

 

窓口による変更の場合

住所変更用の書類に必要事項を記入の上、通帳と本人確認書類のコピーをあわせて

提出して完了となります。

 

住所変更しないとどうなるの?

利用明細書や銀行からの大事な通知を受け取ることができません。

こうした書簡は個人情報が多く入っていますので、リスクが高くなります。

 

郵便局で転送依頼をしていれば転送はされてくる種類ですが、

期限を過ぎてしまうと旧住所に届いてしまうので、変更したほうが良いです。

 

また銀行カードの破損や紛失などで再発行となった場合も、

新しいカードが旧住所に届くことになり大変危険です。

 

銀行口座の取引停止になることも

一番問題なのがキャッシュカードや重要書類の配達先不明の通知が、

銀行側に行くと不正利用防止の理由から、取引が一時停止になってしまうことです。

そうすると、再開手続きが面倒になります。

 

住所変更は引っ越し先でも大丈夫!

インターネット経由でどこでも住所変更可能ですし、

電話の場合種類は新住所に届きますから問題ありません。

 

また窓口も同銀行であれば 口座開設した支店でなくとも

変更手続きは可能ですので、新住所の最寄りの支店にいきましょう。

 

タイミングは引越し直後がベスト

銀行・キャッシュカードの住所変更は明確な期限がありませんが、

変更に必要な書類が送られてきたり、その後大事な通知が届けられるので、

引越し直後に行うのがベストです。

 

窓口の代理人による変更

ほとんどの銀行で代理人による住所変更は受け付けていません。

どうしてもという場合は、銀行に電話して指示を仰ぐことになります。

 

ゆうちょ銀行に関しては代理人変更も可能です。

その場合、本人確認書類の他に代理人の本人確認書類と委任状が必要です。

委任状はゆうちょ現行のホームページにありますので、

印刷、必要事項を記入の上窓口に提出します。

 

クレジットカードの場合

クレジットの変更手続きは簡単!

住所変更をするうえで必要書類はほぼ無いところがほとんどです。

インターネットの管理画面、もしくは電話でカスタマーサービスに電話することで、

手続きを完了することができます。

 

変更タイミングは引越しする直後

クレジットカード会社によっては住所変更の依頼を受けると、

必要書類を新住所へ郵送してくることがあります。

あまり放置しておくと、手続きに支障がでますので、

引越し日の1週間前~引越しした後すぐのタイミングがベストです。

 

変更しないとどうなる?

郵便局にて転送手続きをしている場合は、しばらく届きますが、

そうでない場合、使用明細書や大事なお知らせが届かなくなります。

特に問題なのはカード更新の時です。

 

カードの利用期限が切れたり、不正使用により使用停止になった場合、

新しいカードが発行され住所に送付されますが、

受け取ることができません。

面倒ですが、必ず住所変更することをおすすめします。

 

督促状が発生している場合は、ブラックリスト入りすることも

住所を変更しないもう一つのデメリットは、請求書や督促状も受け取れないことです。

こうなってくると信頼できないお客様として認識されることになり、

ブラックリスト入り。今後借入のあらゆる手続きで不利になってしまいます。

 

クレジットカード会社から解約されることも

ゴールドやブラックなど会員費が発生するようなグレードの高いクレジットの場合、

使用明細やお知らせが配達先不明で届かなくなると、

解約処理をされてしまうことがあるので注意しましょう。

このページの先頭へ