引越しに伴う健康保険、社会保険の住所変更手続き【まとめ】

国民健康保険および社会保険は住所が変わると手続きをする必要があります。

年金の手続きと合わせておこなうと良いでしょう。

 

社会保険の住所変更手続き

勤務先の担当者に『引っ越したので住所が変更になりました』と連絡するだけで、

後は会社側が手続きをとってくれます。

主に総務が担当していますが、直属の上司に相談すると良いでしょう。

社会保険証のカードは自分で住所を二重線で書き直すところと、

会社がおこなうところがありますので、こちらも指示に従ってください。

 

国民健康保険の住所変更手続き

旧住所でおこなうこと

資格喪失の手続きと国民健康保険証を返却しなければいけません。

転出届を出してから14日以内に完了させる必要がありますが、

転出届の手続きを取る際に同時におこなうと良いでしょう。

市役所にある「国民健康保険被保険者資格喪失届」を提出します。

手続きには保険証と印鑑が必要です。

 

新住所でおこなうこと

新たに国民健康保険に加入し、健康保険証を受け取ります。

こちらは転入届を出してから14日以内に完了させる必要があります。

もし転入届がその日のうちに完了できるならば、

同時におこなったほうが手間が少なくすみます。

 

手続きには旧住所でもらう転出証明書、

本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)、印鑑が必要です。

口座振替を希望する場合は、あわせて預金通帳と口座届出印鑑がいります。

 

同市町村区内の引越しの場合

引越し先が旧住所と同じ市役所の管轄内である場合(転居)は、

住所変更のみおこなう必要があります。

転居届を出してから14日以内に完了させる必要があるので、

転居手続きと同時におこなうと良いでしょう。

手続きには保険証と印鑑が必要です。

 

代理人による国民健康保険の手続き

資格喪失、健康保険加入手続き、住所変更のいずれも代理人による手続きは可能です。

 

旧住所でおこなう代理人手続き

申請者の保険証、代理人の本人確認書類および印鑑、

そして申請人の自署押印がある委任状が必要になります。

委任状には定められた形式はありませんが、

市役所のホームページなどに例が掲載されているので参考にしましょう。

 

新住所で行う代理人手続き

申請人の転出証明書、代理人の本人確認書類および印鑑、

申請人の自署押印がある委任状、口座振替なら預金通帳と口座届出印が必要です。

 

代理人による住所変更

代理人の本人確認書類および印鑑、

そして申請人の自署押印がある委任状が必要になります。

 

国民健康保険の加入をし忘れると・・・

社会保険は会社が手続きをすることになるので心配ありませんが、

国民健康保険は当事者が自分で手続きをしなければいけないため、

忘れていると未加入ということになります。

 

しかし健康保険の加入は義務づけられています。(社会保険など何かに入る必要あり)

未加入の場合は、国による医療費の負担は0なので全額自己負担になることはもちろん、

最大2年さかのぼって保険料の一括で納めなければいけなくなります。

保険料の支払いは非常に厳しく最悪の場合、

不動産や給料、預金など財産の差し押さえをされますので、必ず加入手続きをしましょう。

このページの先頭へ