隣人の騒音トラブルで引越し 誰に賠償を請求すればいいの?

引越しは新しい生活の始まりです。

しかし何らかの事情で、トラブルに巻き込まれることが無いとは言いきれません。

その相手が隣人であれば、なおさらです。

騒音トラブルで引越し

特に問題となりやすいのが、騒音によるトラブルでしょう。

場合によっては、また引越しを余儀なくされるかもしれません。

万が一、引越しをしなければならない状態に陥った場とします。

この時は、隣人に対して賠償請求できるのでしょうか。

気になる生活音のトラブル

集合住宅では、お互いにある程度の生活音が聞こえるのは仕方ありません。

普段の日常生活において、音を出さないで暮らすということは、現実的に無理です。

法的には、このように定められています。

生活音が、「一般社会生活で我慢の限界を超える」くらいにまで至った場合が、「違法」です。

 

違法と判断されれば、隣人に対する騒音行為へのペナルティが科せられます。

具体的には、「警告」や「損害賠償の請求」が認められているのです。

隣人に対して、防音設備の設置を命じられた事例もあります。

騒音レベルの基準

ここでよく問題になるのが、どのくらいの騒音が「限界か」です。

これに関しては、それぞれの住環境に左右されます。

一般的には「騒音規正法」の基準が、目安とされています。

 

そのため、業者にお願いして、音の大きさを計測して記録をつけておくことが大事です。

ちなみに都内の場合、区役所で計測器具を無料で貸し出してくれる場合があります。

 

しかし実際には、生活騒音はなかなか判定が難しいものです。

 

日本のように住宅が密集している場合、その傾向があります。

明確化するために、それぞれの自治体でも騒音に対する条例を制定しているところが増えています。

しかし、厳しい規制を布いている自治体はほとんどなく、事実上野放しになっているのです。

当事者だけの交渉は絶対避けましょう

生活騒音に対処するには、まず大家さんや管理会社に頼んで隣人に注意してもらいます。

大家さんや管理会社には、借主に良好な住環境を提供する義務があります。

それでも騒音が続く場合は、警察に通報するという手段もあるでしょう。

しかし多くの方が、引越ししてしまう例が少なくありません。

 

このような場合、当事者同士が直接交渉しても話はまとまらないでしょう。

とりあえず、法律の専門家入ってもらうことです。

引越しをする場合には、諸費用を賠償請求することは可能です。

または、騒音を放置している大家さんや管理会社に対して賠償を請求するのが無難でしょう。

このページの先頭へ