退去時の掃除、クリーニングの仕方ポイント

引越し荷物を送りだしたあとのガランとした部屋。

すっきりしたように見えても、普段掃除できないところの汚れにビックリするかもしれません。

特にキッチンなどは何も置いてない分、汚れも目立つもの…。

 

退去時に部屋をきれいにしておかないと、クリーニング費を請求される場合もあります。

ここでは、引越し時の掃除や片付けについて、得するポイントや、きれいに掃除できる豆知識をお届けします。

退去時の掃除

どこまでキレイに?

引越し時には多くの場合、借りた時の状態に戻して返すという“原状回復”の義務が生じます。

でも、その範囲は非常にあいまいです。一般的に、畳やクロス(壁紙)、

家具の重量による凹みなどは“通常の使用による損耗”となるので、そのままで大丈夫です。

 

問題になるのは“汚れ”です。

入居時に預かった敷金を使って、家主は退去後にハウスクリーニングを行いますが、

手入れをしていれば付かないはずの酷い汚れがあると、余計に費用がかかります。

それらは全て敷金から差し引かれることになるのです。

 

これに該当する汚れの代表的なものを上げておきましょう。

  • キッチンの油汚れ、
  • ガスコンロ置き場
  • 換気扇の油汚れ
  • 風呂、トイレ、洗面台の水垢・カビ

どれも日常のお手入れに手こずるものばかり…。引っ越すときに大掃除するケースが多いようです。

それでは、どのように掃除すればきれいにできるでしょうか?

掃除の方法

掃除が必要になるのは、キッチンの油汚れと水回りの水垢・カビなどがメインです。

使用頻度が高いので、どうしても汚れがちですね。油汚れも水垢も、頑固な汚れの代表格です。

ちょっとしたコツを知っていると楽に落とせる場合もあるので、紹介しましょう。

ただし、洗剤などを混ぜると危険な場合があります。必ず本文末の【注意事項】をお読みください。

キッチンの油汚れ

油が飛び跳ねる範囲は意外と広く、思わぬところまで汚れていることがあります。

目立つので、きれいにしておきましょう。

ガス台が自分の物でない場合は、これもきれいにして返さなければなりません。

フッ素加工されている場合は、スポンジに食器用の洗剤を含ませて軽くこするだけで、簡単に落とせます。

そうでない場合は、クレンザーを利用しましょう。粉末もありますが、

 

クリームタイプの方が粒子が細かくキズが付きにくいのでおすすめです。

まず、軽く水を含ませたスポンジに適量のクレンザーをつけ、くるくると回すように汚れをこすっていきます。

ザラザラ感がなくなってきたら、一度洗い流して新たにクレンザーを付けてこすります。

汚れが落ちたら、固く絞った雑巾でよく拭き取ります。

クレンザーが残っていると、乾いた後は落ちにくくなってしまうので注意しましょう。

シンクまわりの油汚れも、同様に落とせます。

 

水が流せるところなら、お湯をかけてから行うと油が浮きやすくなるので楽に落とせますよ。

ガスコンロの五徳などは後述の《換気扇》と同様に洗ってください。

ガスコンロ置き場

システムキッチンなら問題ありませんが、ガスコンロをどかしたら想像以上の汚れにビックリ…という経験した方もいるでしょう。

ガスコンロの下側は吹きこぼれや焦げ付きの汚れがびっしり、ガス栓にも油汚れがついていませんか?

基本の汚れは《キッチンの油汚れ》と同様に、クレンザーで落とせます。

あまりにベトついている油汚れなら、不要になったプラスチックカードや割り箸でこすり取ってしまいましょう。

その後、クレンザーできれいにします。
厄介なのは焦げ付きです。吹きこぼれや落ちた食材が焦げ付いたのであれば、プラスチックカードなどでこすり取った後、

クレンザーを付けて金タワシなどで優しくこすりましょう。

重曹を振り掛けて10分くらいおいてからこすってもOKです。

新居も賃貸物件なら、ガスコンロを設置する前に、汚れ防止のシートを敷いておくと掃除が楽になりますね。

100円ショップでも入手できますよ。

換気扇

手ごわい汚れ№1ですので、何段階かに分けて掃除しましょう。漬け置きは効果抜群です。

コンセントがあるものは抜き、まずは、カバーやファン、フィルターなど取り外せる部品を外します。

 

ベトついた油はプラスチックカードなどで取り除いてから、

お湯を張ったシンクの中に漬け置き用洗剤と共に入れ、

30分漬け置きします(カップ1杯の重曹で1~2時間漬けこんでもOKです)。

その間に外せないレンジフードなどの掃除をしてしまいましょう。

洗剤を染み込ませたキッチンペーパーで30分程湿布をしてから、ぬるま湯でふき取るようにすると落ちやすくなります。

 

また、油汚れには油を…という方法もあります。

油同士はなじみやすい性質があるので、汚れた部分に少量の油をつけ、

なじませてから拭き取ると簡単に汚れが落ちることもありますよ。

風呂、トイレ、洗面台の水垢・カビ

風呂場のカビは、市販のカビ落とし用洗剤を吹き付けてしばらく放置し、その後、ブラシなどでこすってカビを除去します。

頑固な汚れは洗剤を吹き付けた後、キッチンペーパーで30分程湿布してからこすると効果的です。

カビを落としたあとは水で洗い流し、乾いた布で拭いておきましょう。

 

洗剤で湿布する方法は、トイレでも有効です。

キッチンペーパーでなくトイレットペーパーを敷き詰め、トイレ用の酸性洗剤を振りかけて1時間ほど放置します。

トイレットペーパーを流してから、仕上げにブラシでこすってください。

 

一方、風呂場や洗面台などの水垢は、カルシウムやマグネシウムなどの金属がこびりついたものです。

こすり取るか、酸性の洗剤を使うのがベストです。多くの洗剤は中性かアルカリ性なので、水垢には適していません。

こすり取る場合はクレンザーを利用しましょう。

傷がつきにくい素材なら、粉末のクレンザーを、心配ならクリームクレンザーを使います。

これをスポンジではなく、デニム地の切れ端や不要なストッキングなどに付けてこすります。

これらの生地はスポンジより目が詰まっているため、

クレンザーの研磨剤がその中に入ってしまわないので、研磨効果がアップします。

頑固な汚れに最適な方法です。

 

酸性洗剤を使う場合は、専用のものを買わなくてもトイレ用洗剤で代用できます。

これとキッチンペーパーで1時間ほど湿布をしてからこすり取ると楽にとれます。

注意事項

通常の掃除と違い、引越し間際の掃除は集中して行う人が多いでしょう。

中には「当日に全部きれいにする」という人もいるかもしれません。

でも、集中して掃除をする場合には洗剤などの取り扱いに注意が必要です。

混ぜるな危険!

洗剤や漂白剤には酸性・中性・アルカリ性があります。

中性は問題ありませんが、酸性とアルカリ性(塩素系)のものが混ざると塩素などの“有毒ガス”が発生し、

呼吸困難や手足のしびれを生じ、最悪の場合、命にかかわる危険があるのです。
これは洗剤同士の直接的な混入に限りません。

排水溝に前に使った洗剤が残っていて、次に使った別の洗剤が流れ込んだ場合にもガスが発生することがあります。

酸性・アルカリ性(塩素系)の洗剤・漂白剤を使う場合は同日の使用を避けるか、

連続使用するなら十分に洗い流したうえで、時間を空けるようにしましょう。

換気をしながら掃除することも忘れないでください。
見落としがちですが、洗剤・漂白剤以外の危険な組み合わせもあります。

例えば、“塩素系洗剤・漂白剤”と“酢・クエン酸(レモンなど食品も含む)”の組み合わせです。

また、生ゴミには何を捨てたか忘れてしまうものですが、うっかりレモンなどが捨ててあると危険なので、

かからないように注意してください。排水溝用のぬめり取り剤も反応して危険なので、

使用している場合は取り外しておきましょう。

業者に頼む

忙しくて掃除まで手が回らない…という人は、専門の業者にお願いする方法があります。

単独でクリーニングや家事代行を申し込む方法もありますが、引越のオプションとして請け負ってくれる業者もあるので、

ニーズによって使い分けると良いでしょう。

ただし、セットでお願いした方が引越しとクリーニングのタイミングも良く、安く済む傾向があるようです。

いずれも見積もりがとれますので、比べてみると良いですね。

〈単独〉
ダスキン https://www.duskin.jp/service/pro/index.html
お掃除本舗 http://www.osoujihonpo.com/
〈引越しオプション〉
アート引越センター http://www.the0123.com/option/option/cleaning.html
サカイ引越センター http://www.hikkoshi-sakai.co.jp/service/ (ダスキン委託)

退去時の清掃はハウスクリーニングなどの費用負担を気にしなければ、必ずしも掃除しなければいけないというものではありません。

でも、賃貸物件の場合、そこにある設備を含めて“借り物”です。

神経質に清掃する必要はありませんが、気持ちよく返せる程度にはきれいにしておくのがマナーであり、

お得になる方法といえるでしょう。

このページの先頭へ