引越し業者へのお礼や心付け。昼食やチップ、差し入れは必要か

日本に昔からある風習…“心付け”。お世話になる人に対する配慮や感謝の意味を込めて、少額のお金や品物を渡すことです。

若い世代の人には“チップ”といった方がわかりやすいかもしれませんね。引越しの際には、

重い荷物を運んでくれる業者の人に、心付けや差し入れなどを渡すべきか悩む人もいると思います。

ここでは、引越し業者との接し方や対応のタイミングについて、まとめてみました。

引越しのお礼や心付け

引越し業者との接し方

 

引越し当日、作業員とはこのときが初対面です。大切な家財を扱ってもらうわけですから、料金を支払っているとはいえ、お互い気持ちよく作業するためにも礼儀は尽くすべきです。

では、それを「モノとして渡すべきか」という点については、考え方はいろいろあると思いますが、

その代表例である“心付け”は基本的に不要です。

でも、そうは言っても人情的にお礼をしたいと思ったり、引越し中の食事など現実的な問題が生じたりする場合もあります。

こういったケースの対応法を上げてみましょう。

 

なお、作業員が金品を受け取ることを禁じている引越し業者もあります。

ホームページなどで明記しているところもあるので、確認してみましょう。

作業員数は見積もり時にわかると思いますが、変更もあり得ますので、何かを用意するなら少し余裕を持って用意しておくと安心です。

 

心付け・寸志

 

冒頭でお話ししたように、“心付け”や“寸志”には「お世話になります」「ありがとうございます」などの意味合いが込められています。

基本的には不要ですが、運搬が困難な荷物がある、気持ちを表したいなどと考えるのなら、1人1,000~3,000円程度を1人分ずつポチ袋や祝儀袋に入れて渡しましょう。

代表者に人数分まとめて渡す方法もありますが、悪質な場合だと独り占めされてしまいます。

気持ちを込めた物なので、1人1人の顔を見ながら渡せるといいですね。

あまり高額だと作業員の負担になることもありますので、「少しの現金プラス差し入れ」などの組み合わせもおすすめです。

 

昼食

 

基本的に不要です。

作業員はこの引越しが終わっても次の作業場が待っていることが多く、のんびり食事はできません。

作業がすべて終了してから食べるか、早めに済ませているかで、昼食を挟む場合はほとんどが持参しています。

 

中には、知らない人からの食事は気が進まないという人もいますし、手作りだと負担になる場合もあります。

ましてや一緒に食事をするというのは落ち着かないでしょう。飲み物やお菓子などで十分です。

どうしても…というなら、心付けを渡して「お食事代としてどうぞ」と一言添えるとよいでしょう。

見積もりや申し込み時に、昼食を持参するのか聞いておくのもいいですね。

逆に、引越しの当事者も、作業中は食事をしない方が良いでしょう。

働いている人の横での食事は気が引けますよね。業者が到着する前に、必ず済ませておきましょう。

 

差し入れ

 

現金以外のモノを“差し入れ”として渡すこともあります。せっかくですから、作業員に喜んでもらえる次のものがおすすめです。

飲み物・食べ物

引越しは大仕事ですから季節に関係なく汗をかきます。

近くに自販機がない場合は多めに差し入れましょう。

ペットボトルのお茶やミネラルウォーターなら好き嫌いも少なく、蓋もできますし、ぬるくなっても風味が落ちにくいのでおすすめです。

当日は冷蔵庫が使えないので、夏場ならクーラーボックスに入れ、「ご自由にどうぞ」と声を掛けておくのも良いでしょう。

また、肉体労働なのでお腹も空きますよね。小分けになっているお菓子の他、カロリーメイト、SOY JOYなどの栄養補助食品も適しています。

靴下

実は作業員の必需品です。家の外と中を出たり入ったりする作業員は、靴を履いていいても靴下が汚れがちです。

でも、毎回お客さんの家(しかも新居)に出入りするのですから、汚れてくるとすぐ使えなくなり、かなりの頻度で買い替えています。

差し入れすれば喜ばれますし、ちょっとしたメリットもあります。

靴下を2足差し入れておくと、新居に荷物を搬入する前に履き替えてくれる可能性があるからです。

室内が汚れにくくなり、こちらも嬉しいですね。残った1足はお持ち帰りしてもらえます。

タオル

汗をたくさん掻く作業員には、これも必需品です。

わざわざ買わなくても、家にある未使用のタオルで大丈夫。

渡しておけば汗拭きに使ってくれるでしょうし、雨天時の引越しなら玄関に置いて、濡れた荷物の拭き取りに使ってもらうこともできます。

 

タイミング

 

心付けにしろ、差し入れにしろ、業者が到着したら作業に入る前に渡しておくことをおすすめします。

作業員も人間ですから、印象が良くなれば作業の効率も上がり、丁寧になる可能性を期待できるでしょう。

ましてや金銭なら尚更です。飲み物や食べ物に関しても、休憩のタイミングはわかりませんから

、先に渡しておいて適宜飲食してもらう方が作業員も楽ですね。

暑い時期や遠距離の場合は、途中や新居への移動前に追加すると喜ばれるでしょう。

 

でも、お礼として渡す場合、特に金銭は「作業の良し悪しをみて、判断してから…」という人もいると思います。

その人の考え方次第ですから、最後に渡すのでも何ら問題ありません。

その場合、飲み物などを作業前に差し入れておけば、お互いの心証も良くなるのではないでしょうか。

 

大仕事な上に時間に追われがちな引越しですから、作業をするスタッフとは気持ちよく接したいですね。

ちょっとした気配りで円滑になるのなら、心付けも差し入れも価値アリだと思います。
上手に利用して、良好な関係を築きましょう。

このページの先頭へ