宅配便での引越しは安い?メリット・デメリット

引越し業者に依頼せず、レンタカーも借りずに引越しする方法…それが宅配便での引越しです。

“クロネコヤマトの宅急便”に代表される宅配便は、荷物の輸送方法として最も身近な方法ですね。

ここでは、手軽な宅配便を利用した引越しについて、その方法やメリット・デメリットなどを詳しくお伝えします。

宅配便の引越し

宅配便の利用に適した引越し

「段ボールだけの引越し」…これが宅配便利用で得をする引越しの大原則です。

宅配便は荷物の“縦”“横”“高さ”の長さの合計と距離で料金が決まりますが、

合計の長さが規定を超えるものは、取り扱ってもらえません。

 

例えば、ヤマト運輸では3辺の合計が160cm以上または25kg以上の荷物を宅急便として送ることができません。

タンスや冷蔵庫など大型の荷物は家財専用の「らくらく家財宅急便」というプランを利用することになります。

これら1点で送料が1万円くらいかかります。

他にベッドやテレビ台、デスクなどもあると、それだけで数万円かかってしまい、

普通の引越しプランを利用した方が得になるでしょう。

 

このように、宅配便の利用は、比較的荷物が少ない単身者の中でも、大型の家財を持たない人に適した引越し法といえます。

また、家具・家電付きの寮や社宅の利用者や、単身赴任時に身の回りの物だけ輸送したいという人にも、

手軽に引越しできる方法としておすすめです。

いくらで引越しできる?

例えば、引越しに利用しやすい段ボールサイズの50cm×40cm×40cmの箱を15箱、関東から関西へ輸送すると仮定しましょう。

この段ボールのサイズはクロネコヤマトだと“140”に相当するので、1箱1,728円です。

15箱だと1,728円×15個=25,920円 になりますね。

 

クロネコヤマトの場合、荷物が2個以上だと1個につき100円が割り引かれるので、24,420円で引越しできてしまいます。

引越し業者にもよりますが、このケースだと3~4万円が相場です。距離が遠いほどお得度は増す傾向にあるようです。

宅配便利用のメリット・デメリット

宅配便は何度も利用したことがあっても、引越しで利用するとなると戸惑う人もいるでしょう。

引越しで利用するにあたってのメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

  • 段ボールだけならお得に引越しできる
  • 荷物の手配が簡単
  • 荷物を運んでもらえる
  • 受け取り日時の指定ができる

費用については前項で述べた通りですが、大型の家財がないことが条件です。

予約の必要がないので、自分の予定に合わせて引越しできますね。

電話1本で通常の宅配便のように集荷に来てもらえますし、せいぜい玄関先まで運んでおけば、あとは業者が運んで新居に届けてもらえます。

階段などが多いなら、楽ができて嬉しいですね!

また、翌日以降なら受け取り日時の指定ができるので、急いで移動する必要もありません。

デメリット

  • 梱包を丁寧に行う必要がある
  • 梱包資材の調達
  • 当日に荷物を受け取れない
  • 大型の荷物や梱包されていない物は運べない

いわゆる引越しの場合、トラックに積み込まれた荷物は新居到着まで動かすことはありません。

でも、宅配便の場合は集荷のトラックから配送センター、輸送用トラック、配送センター、そして配達用トラックと何度も持ち運びされます。

荷扱いは丁寧でも、破損の危険性が高まることは否定できません。

ですので、梱包は厳重に行う必要があります。食器類や精密機器は特に念入りに行いましょう。

 

また、この際の段ボールや緩衝剤なども自分で用意しなければなりません。

中身の破損を回避するためにも、丈夫な段ボールを用意しましょう。

クロネコヤマトでも段ボールの販売をしています。そう、あのクロネコマーク入りの箱です。

200円前後で各種サイズが揃っていますし、精密機器用も販売されているので、ビデオやパソコン、ゲーム機などの輸送に利用してもいいですね。

 

また、宅配便の場合、当日の受け取りはできません。すぐに使いたいものなどは自分で運ばないといけませんね。

さらに、大型の荷物やむき出し状態のものは、宅配便業者は取り扱ってくれません。

でも、例えば電子レンジ程度なら、きちんと箱に梱包されていれば配送してもらえます。

テレビも購入時の梱包状態にしておけば運んでもらえる可能性があるので、業者に確認してみましょう。

ほとんど段ボール。でも大型もある…という場合

もし、上記の例(段ボール15箱)と冷蔵庫があるような場合は、クロネコヤマトの『単身引越しサービス』などを利用する方法があります。

同サービスの場合、東京から大阪への引越しで28,080円(WEB割引適用)です。

ただし、荷物の目安は押入れ一段分程度なので、ベッドサイズになるとこのサービスの利用は難しくなります。
ヤマト『単身引越しサービス

 

また、段ボールは宅配便として送り、大型の荷物だけ別のサービスを利用するという方法もあります。

同じく東京から大阪への引越しで、クロネコヤマトの『らくらく家財宅急便』を利用すると、

冷蔵庫や洗濯機ならそれぞれ8,694円、パイプベッドなら19,170円で運んでもらえます。
クロネコヤマト『らくらく家財宅急便
佐川急便『単品プラン

なお、これらのプランは梱包から新居での設置まで一貫して行ってくれます。

大型の家財が複数ある場合は、通常の引越しプランを選択する方が割安になるので注意しましょう。

段ボールなどの輸送手段として非常にポピュラーな宅配便。

利用の仕方次第では、とても簡単で安く引っ越すことができます。

自分で荷物を運ばなくていいのも嬉しいポイントです。一方で宅配便ならではのデメリット
もあります。

自分の荷物の量や種類、新居での受け取りなどを考えて、引越し方法を選択するといいですね。

このページの先頭へ