1人暮らしに良い植物、手がかからない・育てやすいのは?

新しい新居に引っ越すとインテリアの一部として取り入れたいのが植物です。

ただ一人暮らしだとどうしても枯らしてしまったり、水をあげるのが面倒なんてこともあります。

そこで比較的育てやすい種類をピックアップしてみました。

 

アイビー(ヘデラ)

つたのように長く成長をしていく観葉植物です。

暑さや寒さ、また乾燥にも強く、日陰によく耐える品種です。

また、他の植物と寄せ植えもしやすく、とにかく丈夫で育てやすい観葉植物です。

吊り鉢に植えてもいいですし、外でも育ちますよ。

春~秋は、日光にあててやり、冬はガラス越しの光をあててやりましょう。

耐寒性にも優れているので、最低温度0℃でも、外での冬越しが可能です。

アイビー

パキラ

どこでも気軽に置けて、成長が早いので、見ていて楽しい品種です。

管理も大変簡単で、病気や虫の害も少ないので、初心者には特に人気の観葉植物です。

パキラは、剪定に強く、樹の生命力が強いので、比較的、簡単に新芽が出てきます。

小さな若葉をみるのも癒しの1つですね。 新築祝や御引越祝、御結婚祝にも送られることが多い品種です。

日陰に強い品種ですが、できれば春~秋は日光にあててやり、

冬はガラス越しの光をあててやりましょう。

耐寒性もややありますが、外での冬越しは難しいので、室内で育ててやりましょう。

パキラ

ドラセナ

いろいろな品種があるドラセナですが、一番人気は、「幸福の木」という名がついたナ”マッサンゲアナ”です。

とても丈夫で育てやすい品種ですが、日照不足だけが苦手です。

しっかり日にあててやりましょう。

日陰に強い品種ですが、できれば春~秋は日光にあててやり、

冬はガラス越しの光をあててやり、冬は室内で育てましょう。

 

 

観葉植物の手入れポイント

水やりと、日光と、養分の3つです。水やりは、お花などのようにこまめにやる必要はありません。

表面の土が乾いたら、植木鉢などの底から水が溢れるぐらいたっぷりあげましょう。

頻度は、品種にも寄りますが、週に1度でも問題ありません。

観葉植物が枯れる原因の多くは水のやりすぎですので、気をつけてくださいね。

 

また、日光ですが、もともと暖かい地域の植物ですので、しっかりとあててやりましょう。

ただし、真夏など直射日光は苦手です。葉やけを起こしてしまうからです。

ガラス越し、レースカーテン越しがお勧めです。

養分は、基本的には、土に混ぜてやるのがいいですが、

追肥は春など成長期に、液体の養分を与えるのが簡単です。

量は品種によりますので、お気をつけください。

 

水遣りの頻度が少なく済み、ズボラな方でも枯らすことが少ないので、育てやすいのが観葉植物です。

お部屋のインテリアや癒しとして是非育ててみてください。

100均で売っていえるものでも充分大きくなりますよ。

このページの先頭へ