間接照明の上手な使い方、テクニックとは?

引越しをしてからぜひともインテリアに取り入れたいのが間接照明です。

自分がもっとゆっくり過ごせる空間にするには照明がとても大切です。

ドラマのワンシーンでも出てくる「間接照明」、ご自宅でも手軽にできる方法をご紹介しましょう。

間接照明

間接照明って?

そもそも、間接照明って何?というところから少しお話しましょう。

間接照明の逆は直接照明です。通常お部屋の電気はそっちにあたります。

その名の通り直接照らして明るくするのです。

一方の間接照明は、照明を壁や天井などに当て、それが反射する光を指します。

反射することによって、柔らかな風合いの光になるので、雰囲気が出ますね。

 

間接照明の種類

「キャンドル」、「電球」、「ミラーボール」、「LED」などがあります。

「キャンドル」の光は一番シンプルですが、ゆらゆらと揺れるオレンジの光は癒し効果抜群ですね。

「電球」は低い位置で点灯させると、脳に夕陽と錯覚して落ち着かせる効果があるのです。

 

「ミラーボール」は、一見派手なイメージがありますが、

間接照明として使う事で別の楽しみ方が出来ます。

最後に「LED」ですが、低電力、省エネなのがうれしく、

通電と同時に最大輝度で点灯することができるも高ポイントです。

 

どんな風に使えばいいの?①

1人暮らしだと壁に穴をあける事が出来ないなど制約があり、

どう取り入れればいいか分からない方も多いことでしょう。

カーテンレールをうまく活用し、クリップライトを天井に当てたり、

テレビ台の端に止め、テレビの裏から壁を照らすやりかたもできます。

光を当てる方向を自分で工夫してみて下さいね。

 

どんな風に使えばいいの?②

次に床置きタイプの間接照明です。

これは、和紙が貼ってある細長いタワー状のものや、提灯の様な形のものです。

雑貨屋さんなどにいくといろんなタイプがありますのでお好みのものを選びましょう。

 

間接照明の中には、明るさを調節できる機能が付いたものや、

手元や足跡でオン・オフを切り替えられるスイッチがついているタイプもありますよ。

そのほかには、アロマと合わさり、間接照明プラスアロマオイルを炊くことが出来るというものもあります。

 

癒し以外の効果

間接照明をとりつけることで、

くつろげる空間づくりや人が来た時のおもてなしに使えますが、それだけではありません。

間接照明は、天井や壁を照らすので、その部分が明るくなり、

部屋を広くみせる効果もあるのです。

普段だと少し手狭だなと思う空間も間接照明をとりつけることにより、

柔らかな雰囲気と広々とした感じを演出できます。

 

このページの先頭へ