狭い部屋でも広く見せるレイアウト・配置とは?

引越し荷物を入れてみると、意外に驚くのが部屋の狭さ。

内見の時は広く感じても、実際物があると狭く感じますね。

そこで狭い部屋でもゆったりと過ごせるように、

少しでも部屋を広く見せるコツをご紹介します

一人暮らしの部屋レイアウトは?

背の低い物から手前に配置にする

部屋の入り口に立って奥を見るとき、人の目線は、

カタカナのハの字の逆に動きます。

まず、部屋の中央に大きな家具をおく人はいないでしょう。

大抵が、部屋の壁沿いにおきますね。

そうすると、中央の空間部分ではなく、壁沿いに目線が動くという意味です。

 

部屋の右手から考えると、手前に背が高いものではなく、

手前には低い家具を置きましょう。

背が高いものが手前にあると、圧迫感がありますし、

目線が手前で止まり、狭いと認識するのです。

つまり、部屋の手前から奥にかけて、

背の低い家具から置いていくことがポイントです。

 

座ったときの目線

次に自分が部屋でくつろいでいるときの目線を考えましょう。

座っている状態で周りを見渡して見ましょう。

目線より高い家具は、やはり圧迫感を与えますよね。

 

そして、家具の色も、同じ茶色でも、濃い茶色と薄い茶色では、

薄い色のほうが圧迫感がありません。

その為、家具を購入する際に、自分の目線の高さで選ぶようにしましょう。

縦に長い家具より横に長い家具のほうがお勧めです。

また色合いも濃淡の薄いものが良いです。

ただ原色に近いと今度は目が疲れ安らぎ感が減るので、注意してください。

 

空間を作る

家具や収納するものを配置するときに何もおかない空間を作りましょう。

その1つとして、先程も書いた、部屋中央には空間を作ることです。

中央にテーブルをおく場合も、大きなコタツといった家具ではなく、

小ぶりのテーブルをおくと、高さもないので広さを感じます。

 

また、収納を上手にするという意味で、

家具をおいてその上側のスペースを収納に使うというアイデアがあります。

これは、やりすぎると、空間がなくなり狭く感じさせますので、

もしされる場合は、部屋の奥側もしくは、

クローゼット内などで利用したテクニックです。

 

色の効果で部屋を広く見せよう

部屋の壁は基本、白い壁紙が多いかと思いますが、

この白という色は、視覚的に部屋を広く見せてくれます。

これは、色の明度という明るさが関係します。

 

明るい色ほど=白に近い色ほど、空間があるように感じたり、

雰囲気的に、ぼやっとスペースを見せるので圧迫感がありません。

例えば、カーテンでも暗い色より、少し明るい色にすると、

部屋の圧迫感を除き、部屋を広く感じさせます。

 

いかがでしたでしょうか?

今あるお部屋でも、少し配置換えをすることで変わりそうですよね。

 

このページの先頭へ