新生活が不安、やってはいけない寝室インテリア

新生活を始める方、始めた方が最も重要視しなければならないお部屋のインテリアが寝室です。

風水的に寝室は、運を補うという極めて、重要な場所となります。

新たな生活は、不安も大きいですが、その不安を和らげてくれるのが風水です。

しかし、風水的に良くない寝室は、悪い気を溜め込む部屋となってしまいます。

そこで、今回は、風水的に良くない寝室をご紹介したいと思います。

新生活が不安

カーテンが閉まったまま

カーテンの開け閉めが面倒だからと閉めたままにしている方もいるかと思いますが

朝、起きたらすぐにカーテンを開ける習慣をつけましょう。

そして、窓も開けて、換気をすることで、空気の流れが悪い気を追い出して、

良い気を寝室に入れてくれるようになります。

 

またカーテン暗くなる夕方過ぎぐらいに閉めると良いでしょう。

これにより、取り入れた気が逃げにくくなります。

湿気がある場合、除湿機などで除去するように心がけてください。

 

汚れたドレッサーがある、またはドレッサーがない

女性なら寝室にドレッサーを置きましょう。

メイクを行うときは、必ずドレッサーの前ですることが大切です。

ドレッサーがないという方は、洗面所の鏡でメイクを行うという方も多いかと思いますが、

洗面台は水の気があることにより、女性の美しさを流してしまうとされています。

ですので、メイクはドレッサーの前ですることを心がけましょう。

 

ドレッサーがないという方は、購入することをオススメします。

またドレッサーが汚れていると良い気を取り込むことが出来ませんので、

常に綺麗にしておくことが重要です。

しかし、三面鏡のドレッサーは、風水的にあまり良くないとされています。

風水では、三面鏡のような合わせ鏡を凶として捉えており、

悪い気が強くなるとされていますので、注意しましょう。

 

自分の寝姿が映る鏡がある

自分の寝姿が映る鏡があるのはNGです。

寝ている時に自分が得るはずだった良い気が、

鏡に映る自分に奪われるとされていますので、注意しましょう。

 

スチール製のベットで寝ている

スチール製のベッドは、寝ている間に吸収するはずの運気を燃やすとされていますので、NGです。

ベッドの素材派、木製のものがベストです。

また黒いベッドは、今ある運気まで奪い取りますので、注意しましょう。

 

就寝時、真っ暗にする

暗くないと眠れないという方も多くいるかと思いますが、

真っ暗にしまうと陰の気が強くなってしまうとされています。

ですので、足元に小さな照明を置いて、真っ暗にしないことがベストです。

 

ドア側にベッドの頭を向けている

寝室のドアを開けるとベッドの頭があるようにベッドを配置するのはNGです。

自分の背後に人の存在を感じる配置ですと、睡眠を妨げるとされています。

 

寝室を良いインテリアにするだけで不安を和らげる

新生活の不安により、ぐっすりと眠れないことも多くなることもあるかと思います。

そんな不眠を解消してくれるのが風水インテリアです。

新生活に不安な心も自然と和らげてくれます。

 

寝室のインテリアを変更するだけで、ぐっすりと眠ることが可能となり、

運気もグングンと上昇していきます。

良い寝室のインテリアについても参考にしてみてください。

このページの先頭へ