一人暮らしのカーペット・ラグの選び方

引越し後、色々な家具を揃えますが、

早めに決めたりのがラグやカーペットです。

ですが、本当に必要なのか?

お手入れが大変そうで、飼う予定が無い方もいるかもしれません。

ラグやカーペットの選び方

カーペットやラグを早めに準備する理由は?

一つはフローリングが傷つくのを防止するためです。

傷つけないように過ごしても、裸のままでは必ず小さな傷がつきます。

すると賃貸を解約するときの敷金返還に影響が出てくるからです。

 

もう一つは家具を買ってから、カーペットを揃えると敷くのに苦労します。

全面カーペット・ラグでなくても、家具があると一人で敷くのは大変です。

荷物の少ないうちにやるとスムーズです。

 

ラグの種類

ラグは、多くの種類がありますが、

よく使われているものは「カーペット」、「シャギーラグ」、「ふわふわタッチラグ」が一般的です。

「カーペット」は毛足がない絨毯に似たようなタイプのものです。

「シャギーカーペット」は、毛足が長いもので、25mm~50mmのものまであります。

「ふわふわタッチラグ」は触った感じがふわふわのマイクロファイバー繊維などで出来ているものが多いでしょう。

 

カーペットのポイント

汚れがつきにくいところがお勧めです。

最近は飲み物をこぼしてもしみこみにくい撥水タイプのものも多くあります。

水分が水の玉になってくれるので、すぐに拭いてあげれば大丈夫ですね。

 

ただし、いくら撥水でもすぐに拭かずにほっておくと、

だんだん染みこんできますのでご注意くださいね。

ちなみに撥水効果はお水や常温のみに有効です。温かい飲み物は染み込んでしまいます。

 

また、汚れたときに簡単に洗濯できるとありがたいですよね。

ウオッシャブルタイプと書いてあるようなものです。

生地の材質としては一番、ポリエステルが扱いやすいとされています。

 

シャギーラグのポイント

最初は長い毛足が抜けやすいものですが、徐々に落ち着いてきます。

毛足が長い分、踏み心地がいいのと、高級感があるのが特徴です。

また汚れが目立ちにくいのもお勧めできるポイントです。

 

欠点といえば、掃除がしにくいことです。

毛足の間にゴミやホコリがたまりやすいからです。

そんなときは、毛並みと逆に掃除機をかけてやるといいですよ。

そうすると、奥に入ったほこりなども取れやすくなります。

 

ふわふわタッチラグのポイント

毛足も短いので躓いたりもありませんし、踏み心地も大変いいです。

生地もアクリルやポリエステルが多いので、洗濯も簡単ですよ。

 

欠点を言うならば、毛先が丸まりやすいことです。

これは繊維1本1本が非常に細いものを使用しているからです。

柔らかさを保つ為です。その為、消耗が激しいのが特徴です。

 

最近のラグは、撥水タイプだけではなく、防ダニ加工や、

抗菌のものなどもありますので、機能と手入れのし易さで選ぶといいでしょう。

このページの先頭へ