一人暮らしのカーテン色選び、部屋のイメージに大切!

引越し後に直ぐに選ぶことになるのがカーテンではないでしょうか?

カーテンは、部屋の中でも視覚的に大きな面を占めますので、

部屋の印象付けに非常に大きなウエイトを占めます。

ご自身が望む部屋のイメージ作りにあったカーテンの色を選びましょう。

色ごとの印象、効果などをご紹介しましょう。

カーテンの色の選び方

赤いカーテン

赤のカーテンは、元気が出る色であり、女性に人気です。

一方で、情熱的、危険というイメージもあるため、興奮作用があります。

その為、集中したい部屋やゆったり安らぐ為の部屋には不向きでしょう。

しかし、赤でも、鮮やかな色から、色味が柔らかなものもありますので、

オレンジに近い色も選べますね。

 

オレンジ色のカーテン

オレンジ色のカーテンは、部屋を明るく見せてくれ、ポップな雰囲気となります。

また、秋にあう色合いで、温かみも感じることが出来ます。

食欲増進や、人を活発にさせる効果もあり、

陽気で親しみやすい雰囲気も持つ為、お勧めの色でしょう。

 

ピンクのカーテン

ピンクのカーテンは、かわいらしく、女性らしい優しいイメージです。

しかし、外から見ると、女性が住んでいることが一目瞭然のため、そこは難点です。

その場合、遮光カーテンを挟むと色が分かりませんよ。こちらも女性に人気のカラーです。

 

黄色のカーテン

黄色のカーテンも、オレンジと同様、部屋を明るく見せてくれます。

また、集中力を高めたり、判断力をアップさせるという効果もあります。

小物などに黄色を使っている場合、それと合わせてもおしゃれな雰囲気になるかと思います。

リビングやダイニングに最適なカラーです。

 

緑色のカーテン

緑色のカーテンは、安心感や安定、調和を表現し、木や森といった自然のイメージもあるため、

気持ちを落ち着かせてくれる効果が期待できます。

また、インテリアのイメージだと北欧のイメージにぴったりです。

あまり濃い色だと部屋が暗く、狭く感じるので、薄めの色合いがお勧めです。

 

青色のカーテン

青色のカーテンは、集中力を高めたり、食欲をコントロールし、気持ちを落ちつかせる効果があります。

また、睡眠を促進する効果もあるのです。

また、光もさえぎりやすい為、部屋全体を落ち着いた雰囲気にしてくれますが、

色あわせが難しいのが難点です。

 

無彩色のカーテン

アイボリーなど無彩色のカーテンは、明るい雰囲気があり、部屋自体を広く見せる効果があります。

しかし、遮光カーテンにするなどの工夫をしないと、

外から中がよく見えてしまうという難点がありますので、使用されている生地には気をつけましょう。

 

いかがですか?ご自身の部屋のイメージを描きながら、カーテン選びをしてみてくださいね。

一度買うとそんなに買い換えるものではありませんので、他の家具の色合いなどとも考慮しましょう。

 

このページの先頭へ