食器棚の引越しの仕方まとめ

引越しで大変な荷物の一つに食器棚があります。

割れ物、危険なもの、大型なので、しっかりとした荷造りが必要になります。

単身パックでの利用は可能でしょうか?どのように準備すればよいでしょうか?

食器棚の引越し

単身パックの利用は難しい

食器棚を単身パックで運ぶのは難しいでしょう。

1段しかないような小型であれば可能ですが、

一般的な食器棚は単身パックのサイズを超えてしまうため、

難しいです。

単身パックでなくても食器棚を含めた荷物を安く運んでくれる業者はあるので、

問い合わせサービスなどを利用して探すと良いと思います。

詳しくは単身パックの荷物量、運べる種類は?をご参照ください。

 

引越しを考える前に、まずは置けるかどうか確認

引越しの失敗で多いのが、「運んだはいいけど、新居に配置できるところがなかった」です。

特に大きい食器棚は目分量でなんとなーく計ってしまうと、こういう失敗になります。

特にキッチンに配置する場合は、幅と奥行きがシビアになりますので、

必ずメジャー等で大きさを計測、新居で配置できるか確認してください。

思った位置に配置できない場合は、廃棄処分し新しいのを購入するのも手です。

 

同時に搬出経路も確認

もう一つ確認したいのが、新居の通路が食器棚を運べる広さをもっているかです。

食器棚は上下に分割して運べるタイプが多いですが、それでも大型です。

特に通路の曲がり角、エレベーターなどは広さや重量で載せられないこともあります。

事前に確認しておきましょう。

 

実際の大きさや重さはどのくらいか?

下記は一般的な食器棚の幅規格と材質別に大きさと重さを表したものです。

規格材質大きさ重量規格材質大きさ重量規格材質大きさ重量
60cm幅天然木幅60x奥行32x高さ121cm28kg90cm幅天然木幅90×奥行き40×高さ191cm42kg105cm幅天然木幅104.7×奥行45×高さ180cm40kg
ファカルタ幅60×奥行39×高さ89cm
34kgファカルタ幅89×奥行44.5×高さ185cm60kgファカルタ幅105×奥行45×高さ181cm65kg
木質材料幅62×奥行44×高さ159.5cm
23kg木質材料幅89.0×奥行43.5×高175.5cm68kg木質材料 幅105×奥行46.6×高194.4cm77kg
合板幅60×奥行き44×高さ96cm24kg合板幅90奥行44.5高さ8531kg合板幅104×奥行38×高さ125cm 32.8kg
繊維板幅60x奥行39.5x高さ90cm20.4kg繊維板幅90×奥行39.5×高さ90cm31.5kg繊維板幅105.0×奥行52.0×高さ120.0cm
31kg
チップボード幅58.2x奥行39.1x高さ84.4cm20.6kgチップボード幅88.1×奥行37.8×高さ86.5cm33kgチップボード幅105×奥行45×高さ180cm70kg

 
見て分かるように基本的に重量は重くなりますので、

最低2人で作業、大型では3人以上が望ましいです。

 

割れない、開かない対策が重要

食器棚を自分たちで荷造りする場合に、優先したいのがガラス扉です。

割れやすいですし、割れると大変危険なので、

エアパッキンなどで全体を包みこむようにガラスを覆ってください。

仮に割れたとしてもガラスが飛び散らない対策にもなります。

 

同時に全体を覆ってしまうことで、運んでいるときに扉が開くのを防止できます。

ガムテープやビニール紐で縛る方法もありますが、

固定の強さが不十分なことがおおく、開いてしまう場合があるので、

エアパッキンで全体をぐるぐると梱包したほうが簡単です。

 

中身はすべて取り出す

食器類はもちろん、調理器、調味料、棚板もすべて取りだしましょう。

棚板もエアパッキンなどで梱包します。

食器類や調理器の荷造りについては別途こちらをご参照ください。

 

食器棚は引っ越し業者に依頼したほうが安全

本体も中身も梱包や運び方をしっかりとしないと、破損やケガの原因になります。

手間もかかりますし、梱包資材を自分で調達する費用を考えると、

引越し業者にお任せしてしまうのも手です。

 

引越し業者は食器棚の専用の梱包資材や中身用のダンボールもあり、

より早く安全に運んでくれます。

料金に関しても業者によりサービスしてくれるところもありますので、

複数社の見積もりを比較検討してみましょう。

 

引越し業者に依頼するときは指示に従う

食器棚に関しては引っ越し業者にお願いする場合は、

予め中身を出すべきか、そのままが良いか事前に確認してください。

業者によって、食器類や調理器具用に専用の梱包をしますし、

食器棚の扉も専用の器具で、開かないよう、割れないようにしてくれます。

 

なので、基本は引っ越し業者の指示に従ったほうが

スムーズに運び出すことができます。

 

自分の食器棚を運べる業者を直ぐに探したいなら

食器棚のような大型なものは、運べる業者を自分で探すと結構大変です。

また業者によっては料金も高くついてしまうことがあるので、注意しないといけません。

もし時間が無い、手間をかけたくないということであれば一括見積サービスを使うのも手です。

荷物の詳細も入力できるので、他の荷物と合わせてちゃんと食器棚を運べる業者

さらにその中でも安いところを見つけるのが簡単です。

このページの先頭へ