植木・観葉植物の引越しの仕方まとめ

植物は引越し荷物の中でも比較的デリケートなもので、

ちゃんとした運び方が必要になってきます。

単身パックの利用はできるか?どのように運搬すれば良いのでしょうか?

植木の引越し

単身パックの利用はあまりお勧めできない

小さな植木なら大丈夫ですが、大きめの植木は単身パックには向いていません。

単身パックは予めスペースが決められているので、

荷物を詰め込みやすく、葉や枝が折れてしまう可能性があるからです。

植木込みで引越し費用を安くしてくれる業者もありますので、

詳しくは単身パックの荷物量、運べる種類は?を参考にしてみてください。

 

基本的に引越し業者は補償対象外

引越し業者が定める一般的な約款には動植物に関して運ぶのを断れる旨が記載されています。

なので、例え運んでもらうにしても補償されないケースがほとんどです。

枝が細い、葉が傷つく・取れやすい、花弁が傷つく・取れやすい、大きい植木などは、

運ぶのを断られることもしばしばです。

ただ、片手で持てるもの、比較的小型のものであれば運んでもらえる業者もあります。

 

大型やデリケートな植木は専門業者にお願いする

とはいえ自分で運ぶといっても難しいものがあります。

なので、基本的には植木の運搬を専門にする造園業者にお願いする形となるでしょう。

造園業者は引越し業者とは別に依頼することもあれば、

引越し業者にお願いすれば、提携している造園業者に一緒に予約してくれるところもあります。

 

予約が1回で済み、引越しスケジュールも合わせやすいので、

造園業者と提携している引越し業者にお願いするほうが手間がかかりません。

 

業者に運んでもらう時の準備は?

梱包資材調達や荷造りは専門業者がやってくれるので、特に準備することはありません。

ただ普通の引越し業者の場合、水やりや肥料の管理は業者は基本管理をしません。

なので自分たちで調整する必要があります。

 

当日に水をやるのは好ましくありません。

植木鉢などから水がこぼれて、他の家財が濡れてしまったり、

梱包資材自体も弱るので、下手をすれば植木を守れず破損する可能性もあります。

水を多くやる必要な植物なら前日まで十分に与え、

当日にある程度やらなくても耐えられるようにしておきましょう。

 

専門業者の場合は、管理をしっかりとしてくれるところが多いです。

もしもの場合も返金保証がついているなどサポートも充実しています。

 

廃棄処分する選択も

こうした専門業者の場合、ほぼ確実に運んでくれますがその分費用もかかります。

なので、かわいそうではありますが廃棄処分して、新しく買うのも手です。

 

植木の場合、腰丈ほどであれば燃えるごみとして処分できます。

それ以上になってくると、市町村区のクリーンセンターに持ち込むか、

廃棄物回収業者、造園屋も引き取ってくれます。

 

植木を運ぶ・廃棄してくれる業者を探すなら

自分で探す場合、引越し業者と植木専門業者を別々に探すのは結構大変です。

日程を合わせたりするのも手間ですし、植木専門業者と提携している引越し業者も結構調べにくいです。

時間が無い、手間をかけたくないということであれば一括見積サービスを使うと便利。

荷物詳細を入力できるので、あなたの植木を運べる・処分してくれる業者を直ぐに探せます。

このページの先頭へ