ベッドの引越しの仕方まとめ

大型家具で引越しの際、運ぶのが大変なのがベッドです。
計画的に事を進めないと、かなり手痛い出費になることもあります。
単身パックの利用は可能か、荷造りの注意点をまとめました。
ベッドマットレスの引越しについてはこちらを参照ください

ベッドの引越し

分解可能であれば単身パック利用は可

シングルのパイプ式ベッドなど分解後も容積を取らないものであれば利用も可能です。
また折り畳み式のベッドもほとんど大丈夫です。
ですが例えば木製など分解が困難だったり、分解しても容積を取るものは単身パックの利用は難しく
別途追加払いでオプションを選ぶ形になり、料金が高くなる可能性があります。
この場合は単身パックでなくても安く運んでくれる業者はありますので、
詳しくは単身パックの荷物量、運べる種類は?を参考に探してみてください。

ベッドは分解して持ち運ぶのが基本

ベッドには組立式と折り畳み式があります。
折り畳み式はそのまま運ぶことが多いですが、組み立て式は細かく分解してから運ぶことになります。
そうしないと家から運び出したり、中に入れたりすることが難しくなるからですね。

ここで注意したいのが、分解・組立時に壊れたり、建物(特に床や壁)を傷つけてしまう危険が結構あること。
形が複雑になるので、思わず壁にゴン!なんてことに・・・。
運ぶ際はしっかりと養生をしなければいけませんし、慎重に分解・組立が必要です。
なので自分自身でやるのはおススメできません。
お金がかかったとしても専門か引っ越し業者にお願いするのがベストです。

どのように業者にお願いする?

引越し業者の中には大型家財の引越しサービスを用意しているところがあります。
例えば、クロネコヤマトの【らくらく家財宅急便】です。
引越しとベッドの分解・組立がセットのなので依頼がとても楽です。

また引越し業者とは別にベッドの分解・組立サービスをおこなっている専門業者もいます。
この場合は、引っ越し業者とは別に予約をとり、
引越し当日、引っ越し業者が運ぶ前に分解、新居で引越し業者が運んだあと組立をしてくれます。

重さや大きさはどのくらいになる?

分解すれば自分で引越しできる場合もあるとはいえ、基本的にベッドを運ぶのは大変です。

規格材質大きさ重量規格材質大きさ重量規格材質大きさ重量
シングル木製幅97×長さ200×高さ55cm50kgセミダブル木製幅123cm×長さ214cm 高さ70cm 57kgダブル木製幅143cm×長さ214cm 高さ70cm 64kg
パイプ幅100×長さ210×高さ65.5cm19.5kgパイプ幅129x長さ227x高さ49cm25kgパイプ幅140x長さ213x高さ64cm27kg
レザー幅105x長さ210x高さ44cm22kgレザー幅105x長さ210x高さ44cm29kgレザー幅141x長さ210x高さ86cm50kg
ファブリック幅102x長さ215x高さ69cm42kgファブリック幅122x長さ215x高さ69cm47kgファブリック幅142x長さ215x高さ69cm61kg

 

上記は一般的なシングルからダブルベッドまでを材質別に大きさと重さの相場をまとめています。

20kg超えることがほとんどで、分解できないタイプではかなりの大きさ。

自分でやるにしても2人以上で作業するようにしましょう。

引っ越し当日までにやっておきたい、ベットの整理

業者に依頼すれば荷造りはする必要はありません。
ですが必ず、ベッドから荷物を全て出した状態にしておきましょう。
引き出しはもちろん、マットレスの下に隠し収納スペースがあるものもあります。
あとは、ベッドの隙間にゴミや物が落ちていたり。
残ったままだと、分解に時間がかかってしまうので綺麗にしておいてください。

ベッドの引越しの料金相場は?

これはベッドのサイズや分解具合で大きく違ってきます。
折り畳み可能なシングルベッドなら5,000~10,000円程度で可能でしょう。
ダブルベッドやキングサイズベッドになると分解が必要なので、20,000~40,000円ぐらいです。
ただここでポイントなのが、細かく分解できるベッドなのかどうか?です。

ベッドの種類によっては分解ができなかったり、
部品が大きいために通常のドアから搬出できない可能性があります。
そうすると窓から運び出すような特殊な搬出入経路が必要になり、クレーン車など特別な車のレンタルが必須になります。
するとさらに費用として20,000円以上はかかってきますので、高くなってきます。

自分のベッドを運べる業者を探すなら

このようにベッドの引越しは他の荷物に比べて難しい傾向にあります。

搬入出経路や大きさ、分解できるベッドなのかによって要領が変化しますので

ベッドに関しては自分でやるよりは運んでもらえる業者を探したほうが良いでしょう

 

一件一件問い合わせるのも手ですが、時間が無い、面倒であれば一括見積サービスを使うと便利。

荷物の詳細が入力できますので、直ぐに対応できる業者を探せます。

このページの先頭へ