ピアノの引越し相場や業者選び、処分や調律のまとめ

一般家庭の引越しで、いちばん大がかりな荷物は“ピアノ”でしょう。

アップライトピアノでも重さは200kgを超えますし、非常にデリケートにできているので移動には細心の注意が必要となります。素人での移動はまず無理です。

ここでは、ピアノの引越しをするときの手続きから設置後の調律、また、処分したいときの方法などについてお伝えします。

ピアノの引越し

ピアノの引越しの手続き

まず問題になるのが、「どこにピアノの引越しを頼むか」です。選択肢としては、

  1. ピアノ専門の業者に頼む
  2. 引越し業者でピアノの取り扱いをしてくれるところに頼む

のどちらかとなります。

とはいっても、ピアノの移動は専用のベルトで吊り上げたり、2階から搬出するにはクレーン付の車両が必要だったりするので、

引越し業者にまとめて依頼しても、ピアノ専門のスタッフか提携先のピアノ専門業者が取り扱うことになります。
ですので、どこが提携先だかわからなくて不安…という場合や、信頼のおけるピアノ専門の引越し業者を知っているのなら、専門業者に頼むのも良いでしょう。

一般的なピアノなら、引越しとまとめて引越し業者に頼む方が、手配も引越し当日の時間も短縮でき、手間いらずといえます。

プランや見積もりと注意点

ピアノの引越しの場合、プランというよりもアップライトやグランドピアノなどの種類、サイズなどで料金が決まります。

また、設置のフロアとトラックまでのルートなどでも料金が大きく変わってきます。

どういうことかというと、2階以上のフロアに運ぶ場合、階段利用だとフロアごとに5,000円~、エレベーター利用だと2,000円~、…というように“特殊作業”によって料金が追加されるからです。

 

エレベーターがあってもエントランスなどに階段がある場合、10段ごとに5,000円くらい料金が上乗せされる場合もあります。

さらに、廊下や階段を曲がれない場合はクレーン車を利用することになるので、10,000円程度かかります。
さて、基本料金ですが、引越し業者の場合は一括見積もりが大半で、ピアノ単体の運搬料金は明記されていないところがほとんどです。

でも、一括料金から逆算すると、同一市内なら基本料金は2万~3万円くらいと思われます。これに“特殊作業料金”が上乗せされます。

ピアノ専門業者だと基本料金が1万円~というところが多いですが、引越し全体で考えると引越し業者に頼んだ方が安くなるケースもあります。

 

まとめて依頼する引越し業者の方が、値引きしてもらいやすいからです。

まずは、見積もりを取ってみましょう。インターネットだとチェックボックスに✔を入れる方式が多いですが、その後、問い合わせが入ります。

種類やサイズ、品番、搬出入の条件など具体的な情報を伝え、最終的な見積もり金額のトータルで選ぶようにしましょう。

特殊作業の可能性があるなら、訪問見積もりにしておくと確実ですよ。

単身パックでの引越しは可能か?

クロネコヤマトや日通などの単身パックを使っておこなうのはまず無理です。

ですが、単身パックにプラスしてオプション料金追加でおこなうことは可能です。

ピアノ以外の荷物が単身パックの規模に収まれば引越し料金の大幅な節約になります。

単身パックについてはこちらも合わせてご参照ください。

引越し前の準備

引越しが近づいてきたら、ピアノの点検をしておきましょう。

引越し時、業者はピアノを専用のカバーなどで保護し、キズがつかないよう細心の注意を払ってくれますが、不測の事態が起こらないとは限りません。

今ピアノについているキズを確認し、さらに引越し当日、業者にも一緒にキズの場所を確認してもらっておけば、

引越し後に新しく見つかったキズについては業者の責任といえるので、補償の対象となります。
さらに、新居での設置場所を良く検討しておきましょう。ピアノは一度設置してしまうと移動させるのは難しくなります。

自宅内はもちろん、近所にも騒音になりにくい場所や重量がかかっても安心な場所を選ぶようにしましょう。

また、当日が悪天候の場合にどうするか、業者に確認しておくのも大切です。通常の雨ならカバーで凌げますが、

台風や強風時はクレーンでの作業やカバーの防水性に不安があります。延期の可能性もあるので、聞いておくと安心です。

 

調律について

ピアノはとてもデリケートな楽器です。数メートルの移動だけでも、その音色に狂いが生じるので、引越しをしたら調律が必要です。

ピアノの引越しの場合、多くが調律料込の料金設定になっています。引越し業者に頼んでも、専門のスタッフが行なってくれます。

子供の頃に習っていたけれど、最近は全く弾いていない…という人は、引越しを機にクリーニングするという手もあります。

最低でも5万円以上はかかりますが、運搬費用と調律込みの価格で、普段お手入れできない内部のカビやほこりを工場で洗浄してもらえます。

ピアノの処分方法

大切にしてきたピアノでも、残念ながら処分したい…という人もいると思います。その場合、「廃棄」か「買い取り」のどちらかを選択することになります。

廃棄

“粗大ごみ”として処分する方法ですが、処分方法が難しいため、ピアノを粗大ごみとして扱ってくれない自治体の方が多いようです。

その場合は“不要品の回収業者”に依頼することになります。搬出などもやってもらえますが、1万円はかかるケースが多いようです。

買い取り

ピアノのリサイクルです。買い取りを希望する場合、まずは査定してもらいます。

一般的にヤマハやカワイなどの大手や新しいもの、状態の良いものは高額になります。何社かで見積もりすると良いでしょう。

また、保証書などが残っていると査定がプラスされることもあります。運搬費用は買取額から差し引かれたり、無料だったりと様々です。
ピアノが古い・傷みが激しいなどの場合は買い取ってもらえないこともあります。

まずは、品番や年式などをもとに買い取り可能かを調べましょう。

 

ヤマハのピアノなら、ヤマハ子会社が買い取りを行っています。参考にしてくださいね。
ヤマハピアノサービス株式会社のページ

 

また例えばこちらのズバットピアノ買取比較サービスなら最も高く買い取ってくれる業者を簡単に探すことも可能です。

ピアノ買取サイト

 

特殊な技術や細心の注意が必要とされる“ピアノの引越し”。

引越し後も大切に使い続けたいなら、きちんと運んであげたいですね。メンテナンスを行うにも良い機会かもしれません。

処分するにしても、新しい持ち主を探してあげられるなら、価格はともかく買取サービスを利用するのも一法です。

いろいろ検討して、気持ちよく運び出しましょう。

このページの先頭へ