エアコンの引越しの仕方まとめ

今あるエアコンを引越し先でも使いたい、新居で新しくエアコンを設置したい、

そんなときどのような手続きをすれば良いのでしょうか?

また単身パックの利用は可能でしょうか?

エアコンの引越し

単身パックだけでは難しい

エアコンは専門による取り外しが必要ですが、単身パックにはその取り外し作業は含まれません。

またエアコン自体も別サービスで運ぶ可能性が高く、

単身パックとは別に追加料金が発生します。

エアコンの場合は単身パックサービスにこだわらず、

エアコンの取り外し作業も含めて安く引越ししてくれる業者を探すほうが賢明でしょう。

詳しくは単身パックの荷物量、運べる種類は?も参考にしてみてください。

 

エアコンの引越しは、2種類の業者が必要

まず、取り付いているエアコンを取り外し、

取り付け場所を空室だったころと同じ状況に原状回復しなければいけません。

そして取り外したら、引っ越し業者にお願いして輸送し、

また引越し先で取り付けてもらうという流れです。

 

そしてエアコンの取り外し・設置は専門業者でなればできません。

引越し業者とは別ということになります。

 

なので引越しが決まったら、エアコンの取り外しを専門にしている業者に

引越しの前の日、引っ越した後の日を伝え作業してもらうことになります。

 

最近では引っ越し業者もオプションで対応可能

2つの業者の日程調整をしなければいけないので、結構大変です。

なので最近では引っ越し業者によってエアコン業務をオプションで用意しているところもあります。

追加料金が発生してしまいますが、引っ越し作業と一連してお任せできるとので、

手間もかからず楽です。

 

エアコンの取り外しは自分ではできないの?

結論から言うと、自分でやらないのが賢明です。

エアコンの作業は思ったより複雑で、間違えると建物を破損するだけでなく、

室外機や配管の設置、ナット接続が上手にできていないと、

ガス漏れの原因となり、とても危険です。

多少お金はかかっても専門業者やオプションサービスを利用しましょう。

 

エアコンの引越し費用はどのくらい?安いところは?

取り外し・取り付け作業を含めた引越し料金は引越し業者によってまちまちで、

地域や時期、移動距離によって全然変わってきます。

 

引越し業者によっては他の荷物量に応じて、

エアコン作業料を割引してくれるところもあるので、

安いところを探すなら、複数社に問い合わせをすることをおすすめします。

場合によっては3万円以上違いが出てきますし、

最近ではWEBから一括で見積りを取れるところもあるので、

面倒な人、時間が無い人は有効活用しましょう。

 

引越し業者の目途がたったら、忘れてはいけない事前確認

エアコンの引越し手続きを進めると同時に、やっておきたいのが

引越し先でエアコンを取り付ける旨を管理会社や大家に伝えることです。

賃貸物件に限ったはなしですが、意外にこの確認をせず、

のちのちトラブルの原因になることもあります。

特に部屋にエアコン口が開いていない場合は、壁に穴をかける必要があります。

かならず確認を取りましょう。

 

エアコンを買い替える、綺麗にするタイミングでもある!

エアコンの取り外し設置は簡単にできるものではありません。

このタイミングでエアコンを買い替えるのも一つの手です。

とくに10年以上経っている場合は保証外になっていますから、

思い切って新しいものにするのもいいでしょう。

 

またそのまま使い続ける場合は、エアコンクリーニングも検討してみてはどうでしょうか?

特に悪臭がするエアコンや湿気、結露が多い家の場合、

エアコンの奥のほうにカビが発生している可能性が高いです。

 

エアコンの寿命、呼吸系の病気の原因なりますから、

取り外したタイミングで綺麗にしてしまうと今後安心です。

クリーニングも引っ越し業者に一括でお願いできるところもあるので、

是非利用してみてください。

 

このページの先頭へ