【初めての人へ】一人暮らしの引越し費用の相場と安くするポイント

大学進学、新社会人、単身赴任など単身の新生活は何かとお金がかかりますよね?

初期費用をなるべく抑えたいなら、引越し料金はかなり重要なポイントになります。

一人暮らしの引越し

一人暮らしの引越し料金の相場は?

引越し費用は主に、国土交通省により定められた移動距離と荷物量の基礎運賃、

人件費や梱包資材などの実費、エアコン取り付け、不用品改修、配線などオプションサービス料金の3つできまります。

そのため、引っ越す人の状況によって様々なため、一概に移動距離でこの料金!というのはありません。

 

ただ、当サイトで実際に単身の引越しをした方にアンケートを取りました。その一例です。

引越し費用移動距離引越し業者利用したプラン
2万円奈良→京都クロネコヤマト3トントラック
6万円大分→大阪クロネコヤマト2トントラック
相積みプラン
5万5千円埼玉→群馬サカイ引越センター2トントラック
10万円広島→新潟サカイ引越センター4トントラック
3万円東京→千葉アート引越センター単身パック基本コース
15万円鹿児島→大阪アート引越センター2トントラック
1万5千円東京都内誠和梱包の引越センター2トントラック2台
3万5千円兵庫→広島引越しのイヌイ2トントラック
6万円東京都内赤帽軽トラ1台

アンケートの結果一人暮らしの引越し相場は約3~7万円が一番多かったです。

ただ、移動距離や引越しの仕方によっては3万以下だったり、逆に10万を超えるケースもあります。

ここでポイントなのは【引越しの仕方】

移動距離はどうにもなりませんが、安い引越し費用で済ませた人は共通して引越しの仕方が上手なんです。

 

安くするカギは荷物量と引越しのタイミング!

では具体的に安くする引越しの仕方とはなんでしょうか?

ポイントは荷物量、実費(人件費+資材費)、オプション料金です。

 

荷物量を減らせば、単身パックなどお得なパック料金も

まず鉄則といえるのが引越しの荷物をなるべく減らすこと。

これは安く済ませた人共通です。引越し先で調達できるものはできる限り荷物に含めていません。

 

これにより荷物量に応じた基礎運賃と梱包資材費の両方の節約になります。

加えて、クロネコヤマトや日本通運が提供しているサービスの単身パックの利用もできます。

 

単身パックは予め荷物スペースが決められている代わりに、安めの料金設定になっています。

さらに引越し作業員が1~2名などので人件費も安く、トータルコストが抑えられるわけです。

ただ、決められたスペースに収まらないと追加料金がかかり高くなるのが難点なので、

荷物が多い状態での利用はおすすめできないわけです。

 

人件費を減らすには、平日や早朝がおすすめ

人件費って自分でコントロールできるの?って疑問に思うかもしれません。

実はできてしまいます。1人あたりの人件費は常に一律ではないからです。

 

3月や9月、土日といったいわゆる引越しの件数が多くなる繁忙期は1人あたりの人件費が高いので、

同じ移動距離、荷物量でも倍以上料金に差がでることもあるんです。

逆を言えば、引越しの閑散期は安くなるんですね。

 

他にも土日祝日を除いた平日、

引越し予約が少ない早朝の時間帯を狙うことで引越し費用は安くなります。

業者よっては割引サービスもあるので、より料金が低くなることもあるんですよ。

 

相積みプラン(混在便)などのプラン利用する

人件費を安くするにはさらに、プランにも注目しましょう。

プランの安さは単純にトラックの大きさで決まるワケではありません。

 

例えば他の人の荷物と一緒に引っ越す混在便は自分だけの貸切便よりも安くなりますし、

他の人の引越し後の空のトラックを利用して引っ越すなんてプランもあります。

日程の融通は無いですが、安く抑えるポイントです。

 

地域密着業者を使う

安い引越し例の中には聞いたことも無いような引越し業者を使用している人が多くいました。

いわゆる地域密着型の引越し業者で、大手有名な業者よりも引越し料金が安い傾向にあります。

評判などは良く見定める必要はありますが、費用を安くするポイントになります。

 

自分でできることは自分で

引越し業者には運搬の他、荷造りや荷解き、家具配置・配線、エアコン取り付け、照明取り付け、不用品回収など、

様々な作業をお願いできますが、当然料金は高くなってきます。

安く済ませた人は基本的に、運搬だけ、もしくは運搬+荷造りだけお願いしているケースが多いです。

不用品などは面倒ですが、リサイクルショップや地域自治体にお願いするほうが安上がりになります。

 

さらに効果的な方法

荷物量や人件費、オプションの他、安く済ませた人に共通しているのが、複数の業者に見積もりを取っていることです。

例え同じ荷物量、時期であったとしても、それぞれの会社の人件費に大きな違いがあるからです。

複数社見積もりを取ると、料金の違いに驚きます。

 

最初の見積もりは吹っかけた値段!

さらに引っ越し業界の常識ですが、業者に初めて見積もりを取った時の金額。

あの金額は予め値引きされることを想定して高めに設定してあることが多いんです。

1社だけではその金額が妥当なのか、高いのか私たちに判断することができません。

 

ですが複数社から見積もりをもらえば、

安い見積書を元に、もう一度本命の業者へ値引き交渉する手段になります。

おそらくほとんどの業者が当初に見積もりよりも値引きしてくれるでしょう。

具体的な金額比較を提示する分、値引きしやすくなるのもポイントです。

 

複数社見積もる時間が無い、安いプランを探すのが面倒な人は

見積もりを取る場合は業者のホームページや電話からおこなうのが一般的ですが、

1社1社対応しなければならず、時間と手間がかかり面倒です。

もし時間が無い、手間をかけたくないということであれば、

一括の見積もりサービスを使用すると良いでしょう。

インタネットから3分程度で一度に複数社見積もりを取ることができます。


引越し業者を探す

 

このページの先頭へ