1人暮らしに最適な冷蔵庫のサイズ・大きさは?

引越しをして必ず必要になるのが冷蔵庫ですね。

1人暮らしでも絶対必要な家電です。

ただ、1人暮らしだと、あまり大きな冷蔵庫を買うと置くスペースに困ります。

しかし、電気代を節約したい!という想いも当然ありますよね。

そんな冷蔵庫選びを考えてみましょう。

一人暮らしの冷蔵庫

1人暮らしに必要な容量

まずは、どのぐらいの大きさのものが必要なのかを見て行く為に、

選び方の方程式をご紹介しますね。

 

冷蔵庫の容量の計算式

70リットル×家族の人数+常備品分(100リットル)+予備(70リットル)

(例)(70 x1人)+100 +70 =240リットル

 

ただ、予備分は1人暮らしの場合は基本的に不要ですので、170リットルです。

100~200リットルの間で選ぶといいでしょう。

もし、もう少し大きめのものが欲しいという方は300リットルまでといった具合です。

 

何を基準に選ぶか?

では具体的にどのように選べば良いのか?

価格の他に、冷蔵庫を選ぶ際のポイントは4つあります。

 

①まずは必要な容量を考えてみる

冷蔵庫にどういったものを保存するかをイメージし、大まかな検討をつけます。

あまり自炊しないなら容量は小さくても良いでしょうし、

逆に頻繁にするのならある程度の容量は必要です。

またお友達を良く呼ぶ人も、容量は大きめのほうが好ましいです。

 

さらに冷凍食品や作った料理を凍らせたいひとは、冷凍庫が大きい物を、

野菜などを頻繁に飼う人は、野菜室が大きい物を選ぶのがベストです。

 

②スペースを考えてみる

1ルームの部屋にお住まいの方に、大きい冷蔵庫を置くと圧迫感がありすぎて、

他のものが置けません。

どこに冷蔵庫を置くか考え、しっかりと縦、奥行き、高さをメジャーで計っておきましょう。

 

③欲しい機能を考える

最近の冷蔵庫の機能は多種多様で色々なものがあります。

何が何だかわからなくなりますが、要約すると以下のポイントに分けられます

  • 省エネ機能
  • 野菜が長持ちする機能
  • 肉や魚などを新鮮さが長持ち、解凍無しで切れるチルド・冷凍機能
  • 製氷機能

 

冷蔵庫の保存で大変なのは、野菜系と肉・魚系の2つがほとんどなので、

それらを助ける機能が多いです。

便利機能が自動製氷、電気代節約が省エネ機能という感じです。

 

当たり前ですが、機能が増えるほど、良くなるほど価格は高くなります。

一人暮らしの場合は、野菜や肉・魚系の機能はいらないと思います。

必要があるとすれば、製氷か省エネ機能でしょう。

 

④省エネ率で選ぶ

電気代を節約したい人は省エネ機能を比較するのも大切です。

 

一般的な容量と価格、サイズ、そして年間電気代目安、省エネ率を見て行きましょう。

国内メーカードアタイプ(容量)一般販売価格大きさ(cm)年電気代目安省エネ率
A社2ドア(100ℓ)40,000円弱108.8×47.6×50.0約7,290円102%
B社2ドア(137ℓ)50,000円弱112.5×59.0×48.0約7,830円127%
C社2ドア(184ℓ)55,000円弱130.0×52.5×57.6約8,640円129%
D社2ドア(264ℓ)58,000円弱156.0×54.5×65.0約10,530円121%
E社2ドア(298ℓ)62,000円弱147.9×60.0×65.6約10,800円132%

※上記は国内メーカーの一般販売額を参考にしています。

 

容量が小さいものと大きなものを比べると、大きなものの方が省エネ率が高いのが分かりますね。

 

1人暮らしにお勧めの冷蔵庫は?

色々お話してきましたが、最後は好き好きになります。

ただ、おすすめの冷蔵庫の特徴をまとめてみました。

  • 2ドアタイプ
  • 冷凍庫が広めなもの
  • 製氷機能やチルド機能などは無し

3ドアタイプだとほとんどが家族用なので、一人暮らしには不向きです。

ただ2ドアタイプだと、製氷機能や他の機能が無いことがほとんどですが、

一人暮らしでは不自由することは少ないので、問題ありません。

 

逆に冷凍庫の容積は重視するべきです。

氷はもちろん、一人暮らしで自炊すると何日間か分けて食べることがほとんど。

お弁当に入れたりするのにも冷凍はかかせません。

また自炊しない人、仕事で疲れて自炊できない場合には、

冷凍食品が功をそうします。

 

このページの先頭へ