1人暮らしにテレビ入らない?パソコンで兼用する

最近の一人暮らしの引越しではテレビが無いことが多いようです。

お金の節約とスペースの節約を兼ねて、

パソコンと兼用する方法があります。

パソコンでもテレビを見ることが出来る方法についてご紹介しましょう。

一人暮らしのテレビ

パソコンでテレビを見る環境

パソコンといえば、インターネットをするものというイメージが強いかもしれませんが、

テレビを見る事もできます。ここでいうテレビは、地上デジタル放送のことを指します。

 

パソコンでテレビを見るには、ワンセグとフルセグが選べます。

両者の違いは、画質の良さと、視聴の際の画面の大きさ、機能の違いです。

簡単に言うと、ワンセグは携帯端末のテレビ、フルセグは自宅のテレビと同じで、

番組表なども見られます。

これだけ読むと、フルセグがいいなと思われるかもしれませんが、デメリットが2つあります。

 

データ容量が多いので、インターネットの通信費とスピード、パソコンの容量です。

インターネットをつなぎ放題にしている場合、また光回線にしている場合、

前者は考える必要がありません。

また、パソコンの容量が大きいものをお持ちの方は後者も問題ないでしょう。

しかし、そうでない場合は、画面が多少小さいですが、ワンセグの方が安くつくでしょう。

 

ワンセグで見る場合

ワンセグで見る場合は、お持ちのパソコンが「ワンセグTVチューナー内蔵」であることが必要です。

この機器は、地上デジタル放送のワンセグ電波を受信するための機器です。

 

もしお持ちでない場合は、USBタイプのワンセグTVチューナーが販売されていますので、

それを購入して視聴するようになります。価格も幅がありますが、

3000円ぐらいからあるので、お手軽に手に入れられますよ。

 

フルセグで見る場合

フルセグTVチューナーを購入してお持ちのパソコンに取り付けるようになります。

こちらもUSBタイプがあり、価格は6000円ぐらいからです。

 

ただ、パソコンの動作環境を確認してから購入するようにしましょう。

動作環境とは、パソコンがこの要件を満たさないと、

フルセグTVチューナーがうまく動きませんよというものです。

 

インターネットで見る

リアルタイムで見る事はで来ませんが、インターネットで見る事もできます。

これは、実際の映像を録画し、YOUTUBEなどにアップしているサイトで見るようになります。

これだとお金がからず、好きな時に見ることが出来ますね。

ドラマなどはほぼアップされているので、視聴可能です。

また、後から見返すこともでき便利ですが、

中にはアップされていない番組もあるところはネックかもしれません。

 

パソコンでテレビを見るというのは少し難しく感じるかもしれませんが、

要はチューナーを購入し、インターネット環境と、パソコンの環境を確認すれば問題ありません。

分からなければ、電気屋さんなどに聞くとこれなら大丈夫など教えてくれますよ。

このページの先頭へ