1人暮らしでキッチン収納がない!狭いときどうすれば?

引越しをしてみて、不満が出やすい個所といえばキッチンです。

特に一人暮らしの場合キッチンが狭く、片付きにくい場所です。

綺麗に保つには工夫が必要です。上手な片付け方法を考えていきましょう。

一人暮らしのキッチン収納

キッチン周りの状況を知ろう

まず、キッチン周りを見渡して見ましょう。

コンロがあり、調理場があり、洗い物をする場所がありますよね。

コンロ周りは油などが飛び散りやすい場所です。

洗い物は水を使いますので、水も飛び散り安い場所です。

つまりは、大変汚れがつきすい場所ということが分かります。

 

こまめな掃除ができるかどうか?

汚れがつきやすいということは、キッチン周りに物を置く場合は、

汚れがとれやすいプラスティック製の素材のものを置くほうがいいでしょう。

また、こまめに掃除をして、汚れをとってやることが大切ですね。

そこで、片づけを考える前に、まずキッチン小物をどこに置くかということを考えましょう。

 

あえてキッチン周りに物を置き、こまめに掃除をするか?

もしくは、流し下や、流しの上の収納スペースに隠すか?という選択肢になりますね。

 

キッチン周りに物を置く場合

まず、コンロからの油とびを防ぐ必要がありますので、コンロ周りにアルミの油除けを必ずしましょう。

できるだけ高さがあるものがお勧めです。

そして、水がかかるということは、カビなども発生しやすいものです。

そこで、料理後、洗い物の後は、こまめに水気をとってやりましょう。

 

また、置く小物は、色合いを揃えておくと、すっきり統一感がある雰囲気になりますよ。

ただ、あまり多くのものをキッチン周りに置くと、料理スペースが減少しますのでご注意ください。

砂糖などの調味料、お玉などの調理器具ぐらいがベストです。

 

収納スペースに隠す場合

収納スペースに隠す場合、外からは見えませんので一見スッキリして見えます。

しかし、片付けで大切なのは、綺麗なだけではなく、次に使いやすいことも外せません。

その為、100均などで売っているプラスティックの整理用ケースを活用しましょう。

 

特に、流しの上の収納に置くものは、女性だと背が届きにくく、取り出しにくいものです。

そこで、プラスティックケースでも取っ手がついたものを使うと、片付けも、取り出しも大変楽です。

 

このように、キッチン周りの片付けは、外に出しているものは、

こまめに掃除すること、そして色合いを揃えることです。

そして、収納スペースに片付けるものも、とりあえず片付けるのではなく、

次使い安いように工夫して片づけをしましょう。

 

このページの先頭へ