女性の1人暮らし防犯対策!ちょっとした工夫を

「1人暮らしの女性宅に不審者が侵入!」などといったニュースを聞くと、

怖いなあって思いますよね。

何かあってからでは遅いので事前に対策をしておきましょう。

女性の一人暮らし防犯対策

カーテンで防犯対策

カーテンは中が見えなくするのに大変有効です。

夜になり灯りがつくと、カーテンによっては中の様子が丸見えというお部屋をみかけますよね?

これは、こちらから犯罪を誘発しているようなものです。

そこで少しお金をかけてでも遮光カーテンにしたり、

柄なども、女性が住んでいると分かるようなデザインは控えましょう。

 

郵便受けに鍵をつけましょう

留守の間に届いている郵便物の名前を見て、女性が住んでいると分かるケースも多いものです。

また、住所・氏名が記載されているので、個人情報もとられる可能性があります。

そこで、郵便受けが共同スペースにある場合は、鍵をつけておきましょう。

もしくは、そこには郵便物を入れないように張り紙をし、

部屋のドアについている郵便受けに入れてもらうようにしたほうがいいでしょう。

 

キーチェンは必ずつけましょう

チャイムが鳴り、宅配便の人や、セールスの人が来ることがありますね。

そんなときはすぐにはドアを開けてはいけません。

ンターフォンや、ドアスコープがあれば、必ずそこで会話をし、

相手を確認してから開けるようにしましょう。

また、その際も、キーチェーンは外してはいけません。

そうすることで、不審者の侵入を防げます。

ドアを開ける際も、内側のドアを閉めるなど部屋の様子が見えにくいようにしましょう。

 

男性用下着で防犯対策

昔から言われることですが、女性の1人暮らしということが分からないように、

あえて男性者の下着や服をベランダに干しておきましょう。

そうすることで、下着泥棒などの被害にあることもなくなるでしょう。

基本、洗濯物は部屋干しをするのが防犯的には安全です。

 

エレベーターより階段を使おう

エレベーターは密室ですので大変危険です。

不審者と一緒に乗ってしまったりすると、逃げようがありません。

もし男性など一緒になった場合も、誰かと電話をしながらにするなど、

ヘルプを求められる環境を作りましょう。

基本的には大変ですが階段などがいいですね。

また、階段を使う際も電話をするなどしておくのがいいかもしれません。

ただし、近隣の方に迷惑にならないように大声で話すのは厳禁です。

 

ゴミから個人情報を漏らさない

届いたDMや郵便物の宛名ラベルも、細かく刻むなどしましょう。

これも、郵便受け同様に女性が住んでいることが分かりますし、個人情報が漏洩します。

最近では、個人情報を消すスタンプも売っているので、それを活用するのもいいでしょう。

このページの先頭へ