一人暮らしの衣類の収納術!省スペース化を実現

引越ししたばかりの時は余裕だったはずのクローゼット。

ですが、長く済むうちに段々と収納スペースがなくなることがあります。

そんなスペースに困らないために、衣装ケースに収納する場合のコツをご紹介します。

一人暮らしの衣類収納術

衣類を立てて収納する

昔ながらの収納だと、例えば、Tシャツにしても、折りたたんで上に上に重ねる収納をしますよね。

これを仮に重ね収納としましょう。

では、重ね収納をしている衣類を立てて、引き出しに入れてみてください。

引き出しに入りきりませんよね。では、それを半分に折り曲げてみてください。

いかがですか?おそらく引き出しにすっぽり入るはずです。

 

もしまだ入らない場合は、3つ折りにしましょう。

このように立てて収納すると、重ね収納よりも、断然多く収納できます。

特に薄手のものだと顕著に差がでるのでおもしろいぐらいですよ。

 

立てて収納するメリット

立てて収納するメリットは、重ね収納よりも多く収納できるだけではありません。

衣類を取り出すときを想像してみてください。重ね収納をしていると、

自分が探しているものがどこにあるか探す必要があります。

ここら辺かな?とめくって探すわけです。

 

しかし、立てて収納することで、引き出しを開けると、そこにある衣類が一目瞭然です。

つまりは探す時間が省けますので、時間節約にもなります。

朝の忙しい時間の短縮にもお勧めですね。

 

また、重ねて収納していると下の方に収納している衣類ほど、

重さがかかりますので変なシワにが癖づいてしまいます。

しかし、立てて収納だと、重さがかかりませんので大丈夫です。

 

肌着などの小さな衣類の収納

ショーツや靴下、といった小さな衣類を衣装ケースに収納する場合、これも立てて収納しましょう。

ただ、小さいので、間に仕切りをつくってやると、より多く収納が出来ます。

仕切りは、100均などでカット可能な仕切りを購入して使ってもいいですし、

ダンボールをカットして仕切りに使ってもいいでしょう。

これだと、エコだし、お金もかかりませんね。

 

立てて収納に向かないもの

中は、立てて収納するのに、不向きなものもあります。それは、冬物の厚手の衣類です。

もこもこのセーターなどは、折りたたみ、さらに半分に折るとそれだけで、

引き出しの半分ぐらいを占めてしまいます。

こういったものは、重ねて収納をした方がいいでしょう。

重ね収納にするにも、畳んだセーターを上下交互に収納すると幾分多く収納が出来ます。

 

衣類の立てる収納いかがでしょうか?

スペースが多くとれる、また探す手間が省ける、取り出しやすいと三拍子揃うとうれしいものですね。

 

このページの先頭へ